体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年に一度の壮絶なバトル! 学園祭でのサークルあるある

年に一度の壮絶なバトル! 学園祭でのサークルあるある 年に一度の壮絶なバトル! 学園祭でのサークルあるある

いよいよ学園祭シーズンが近づいてきましたね。大学のサークルでイベントや模擬店などを行う人も多いのではないでしょうか。年に1回の大きなイベントなだけに、学園祭でよく見かけるサークルのパターンも存在するようです。そんな「学園祭のサークルあるある」を集めてみました。

 

出店場所の抽選で壮絶な戦争になりがち

 

どこのエリアに出店するかによって、お客さんの数は大きく左右されるもの。いい場所を勝ち取るためには、多少の争いは仕方がないのかもしれません。

 

学園祭運営サークルのスタッフが大学職員ばりに偉い

年に一度の壮絶なバトル! 学園祭でのサークルあるある

会場の整備や出店団体のサポート、そのほか学園祭を実施するためにさまざまな活動をしているスタッフたち。その権限は先生たちを超えるとか超えないとか……?

 

学園祭本番よりも打ち上げに気合いを入れてるサークル、いがち

 

学園祭よりも、打ち上げの爽快感の方が楽しかったりする気持ちはわかります。ただ、それは本番に頑張ったからこそ得られる快感ですからね!

 

書道や三味線といった日本文化のサークル、なぜかエスニック料理を出店しがち

年に一度の壮絶なバトル! 学園祭でのサークルあるある

普段、日本文化に触れすぎている反動でしょうか……。サークル活動から一切関係のない食べ物をチョイスするあたり、学園祭での迷走っぷりが感じられます。

 

アカペラサークルのコンサートではトリよりもトップバッターが盛り上がりがち

 

終盤になると、なんとなく会場の雰囲気がだれてきてしまうことも。結局トップバッターが一番盛り上がったよね……なんてオチは少なくないのかもしれません。

 

「え、そんなサークルあったの?」というような、普段活動しているようすがないサークルが出てくる

年に一度の壮絶なバトル! 学園祭でのサークルあるある
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会