ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【Interview】空気を読む会話エンジンロボット「PECO 」に直撃!AIの先の未来をめざす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
空気を読む。現代社会で最も重要なコミュニケーション能力、と言っても過言ではないだろう。しかし、すべての人にこの能力が備わっているわけではない。場の雰囲気から状況を即座に判断するのは、とても難しいことだ。人間から見ても、高度な能力。それをロボットが備えたら、どうなるのだろうか。微妙な会話が、成立するのだろうか。

この難題に挑んだのが、2015年設立の1→10Robotics(ワン・トゥー・テン・ロボティクス)だ。同社が開発したのは、“空気を読む”会話エンジン「PECO (ペコ)」。ロボットはもちろん、チャットボットやスピーカーといった会話デバイス、アニメのキャラクターなど、さまざまなものに対応可能だという。

取材に応じてくれたのは、代表取締役社長の長井 健一(ながい けんいち)氏。気になるその中身について、話を聞いた。

・ユーザーの感覚情報を文脈として捉えながら会話

Q1:「PECO」とは、どんな会話エンジンなのでしょうか。

弊社では、ロボット、バーチャルアシスタント、チャットボット、コネクテッドカーや スマートデバイスなどで、これまでに多くのロボット体験・会話体験を作ってきました。

会話エンジン「PECO」は、そうした知見を元に設計からやり直し、パッケージ化してリリースしましたものです。「PECO」を搭載すると、センシング機能やAIと連携し、さまざまなデバイスと空気を読んだ会話ができるようになります。

Q2:「空気を読む会話エンジン」とのことですが、それはどのような技術によって実現したのでしょうか。

これまでの会話エンジンは、テキストを中心としたやりとりがベースですが、現時点ではそこで扱える情報量も情報密度にも、限界があると考えています。

人工知能の次の発展には、マルチモーダル・インタフェースと呼ばれる、複数の感覚を横断し統合する知能が必要と言われています。「PECO」はそれを見据えた設計をしており、視覚・聴覚・触覚・感情値などの感覚情報、ユーザー属性や記憶、環境情報などを文脈として捉え、アニメーションを用いて、表情豊かに「空気を読む」会話をします。

・さまざまなシーンでの活用が可能

Q3:「PECO」を導入することで、ユーザーはどんなメリットを得るのでしょうか。想定される活用事例と併せて教えてください。

「PECO」は、あらゆるものに搭載できます。例えば、ウェブサイトでは、サイト上のチャットボットとして、掲載情報に合わせた案内やレコメンドなどを行いますし、サイネージなら、ユーザーの性別・年齢・距離などに応じて、日時や天気・ニュースを活用した案内が可能です。

ユーザーごとに登録情報、趣味嗜好、思い出やライフログ(誰が・いつ・何を)を記録して会話するので、ロボットやスマートデバイスなど、さまざまなプロダクトで活用できます。会話体験や、キャラクターを使用したチャットボットによる広告キャンペーンの展開も、考えられます。

Q4:今後の展開について、教えてください。

「PECO」は、広告キャンペーンのようなエンタメ性の高い案件から、ECサイトのように機能性を求められる案件、デバイスをはじめとするハードと連携したプロダクトなど、幅広い分野で活用できるエンジンです。(中略)(グループ企業として親会社と連携しながら)今後も引き続き、ロボットの未来を切り拓いていけるよう、努めて参ります。

1→10Roboticsのホームページでは、案内役のモッチを通して、会話エンジンの体験を提供している。聞きたいことを入力してみよう。その精度の高さに、きっと驚くはず。(取材・文 乾 雅美)

PECO/1→10Roboticsコーポレートサイト

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。