体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山のためにできることを、「勝手に」はじめました。

生活・趣味
山のためにできることを、「勝手に」はじめました。

山が大好き。そんな人、たくさんいると思います。

その気持ちはきっと人の数だけありますが、イラストレーターの鈴木みきさんの気持ちは、すごいです。どうすごいかというと、その愛は、大好きな山に「勝手に」お礼をはじめてしまうくらいなのです。

勝手に…。

山のためにできることを、「勝手に」はじめました。

勝手に山を好きになって
勝手気ままに山を歩き
勝手に山に励まされ
勝手に山にお礼したくって
勝手に作ってみました
勝手にこの売り上げから
3%を山のために使います

これが、「勝手に山のこと」のスローガン。

20年前にカナダで山に出会ったのをきっかけに、今では自身の登山体験から数々の本を出版、登山ツアー企画への同行や講演などを通じて登山初心者へのレクチャーをし、いつも山を応援しています。

山が好き! 山を応援したい!そんな気持ちから、山にまつわるさまざまなグッズを自分で作り、そしてその売り上げで山を綺麗にする活動をはじめてしまった、というわけです。

山好きの山好きによる
山好きのための
「山グッズ」

山のためにできることを、「勝手に」はじめました。 これは、ライチョウのイラストが描かれたトートバッグ。背景に描かれた山は「妙高山」、売上の3%の寄付先である日本のライチョウ生息地の北限「火打山」を含む、頚城山塊(くびきさんかい)の最高峰が描かれています。山のためにできることを、「勝手に」はじめました。

山には自然がいっぱい!…だけど、やっぱり誰もが困るのが「トイレ問題」。その問題を少しでも軽くしようと作られたのが、この携帯用トイレ。

しかも、付属の防水袋には携帯トイレブースの導入で成果を挙げている「早池峰山」のイラスト。裏面には、使用後の回収場所の地図まで付いているから、捨てる場所にも困りません。もちろん、災害時の携帯トイレとしても使えますし、トイレとして使わない場合にはポンチョに早変わり、という別の機能も。山のためにできることを、「勝手に」はじめました。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会