ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

家事育児のタスクの多さにキャパオーバー寸前!家事育児分担ボードを夫と共有してみたら… by うだひろえ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
家事育児のタスクの多さにキャパオーバー寸前!家事育児分担ボードを夫と共有してみたら… by うだひろえ

こんにちは、うだひろえです。

新刊「家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ!とにかく書き出し解決術!」(KADOKAWA)から、特選エピソードをお送りしてきたのも、今回で最終回となりました。 前回のエピソード:高熱でダウン寸前なのに人に頼れず自分を追い詰めていた。〜思い込みを事実から切り離す方法〜 by うだひろえ

今回は、家族のふか~い問題……「役割分担」です。

何度かこちらでも書かせてもらっていますが、私は子どもが生まれてから、家事育児のタスクの多さにキャパオーバー、できない自分に自己嫌悪、時にはぶっ倒れて、このままではまずい!と思っていました。

なのでそれを、夫に伝えて、タスクの分担をできたらと思い、いろいろやってみたのですが……。

まあこれが、なかなかうまくいかないこと!

f:id:akasuguedi:20171024124814p:plain f:id:akasuguedi:20171024124856p:plain f:id:akasuguedi:20171024124944p:plain

「大変だ~助けてくれ~」と何度言っても伝わらなかったのが、こういう形にすることで「伝わる」んだな~って、ここまでやってみてやっとわかりました。

これも、「家事育児」という「大変さ」があったから、わかったこと。

そしてこれは、子どもたちに「伝える」のにも、役立ってます。

f:id:akasuguedi:20171024124710p:plain

今回のマンガは、こちらの記事を、書籍用にマンガ化したものです。 わたし、想像以上に、しんどい。 これで伝わる!妻から夫への『大変さ』の伝え方 by うだひろえ

この記事がおかげさまでとても好評だったことが、書籍を作ろうと思ったきっかけになりました。

私はこんな感じで、日々のモヤモヤを書き出して、一つ一つつぶしていくことができるようになりました。

そうすると、不思議なことに、イライラの対象だった家族が、ただただ、愛しい愛しい家族になって。

私という存在のことも、誰も責めず、愛情が連鎖しているのを体感できるようになって。

「ああ、しあわせだなぁ」と心の底から思えるようになりました。

こんな私の体験談が、辛い気持ちを抱えている方の心を、少しでも軽くできたら、この上ない喜びです。

また次回からは、4コマ&テキストで、育児中の体験記を書かせていただきます!

よろしくお願いいたします~!

f:id:akasuguedi:20170921085200j:plain

『家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ! とにかく書き出し解決術!』(KADOKAWA)

漫画家として働きながら来る日も来る日も家事育児に追われキャパオーバー気味の毎日。そんなうだひろえさんを襲う家庭内トラブル! 思わず頭の中のモヤモヤを一気に紙に書き出してみるとスーッと心が楽になったのでした…!

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:5歳と3歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。5歳男児&3歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net

最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

うだひろえ

うだひろえさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

今では夫が子どもの分まで準備完了! 我が家で気を付けた、夫婦で支度を手分けする方法 by 眉屋まゆこ
[劔樹人さん&犬山紙子さん夫婦対談 第2回目]保活なんて焼け石に水!認可保育園全落ちで知ったリアル…。
[劔樹人さん&犬山紙子さん夫婦対談 第1回目]「育児をしてみて、どうですか?」フリーランス夫婦、ツーオペ育児の悲喜交々

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。