ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

緑の魔術師がいるお店?「ぶろっこりー」がすごいことになっているらしいので確かめてきた【北海道】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20170912172757j:plain

【緑 みどり】

木や葉の色。

人々を安心させる色。

穏やかな気持ちにさせる癒しの色。

そんな、天丼の色。

いやいやいや!

緑の天丼って!

秩父別(ちっぷべつ)にあるお店、「ぶろっこりー」に、

緑の魔術師がいるというのです。

地元の名産品を使って作る、創作料理がすごい!

ようこそ、グリーンな世界へ……。

やってきました秩父別

f:id:mesitsu_lc:20170912174235j:plain

観光地ばかりが注目されがちな北海道ですが、

田舎町にこそ、すごいお店が多いのです。

おいしいものを求めて北海道をグルグル。

年間走行距離がハンパない、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は人口約2,500人ほどのマチ。

秩父別町にやってきました。

ものすごく個性的なアーチがお出迎え。

面白い予感がプンプンします。

f:id:mesitsu_lc:20170912174009j:plain

今回ご紹介するお店はこちら!

「ファミめし屋 ぶろっこりー」です。

すごい店名ですね。

一度聞いたら忘れない。

そして、店名にする思いきりの良さ!

「ぶろっこりー」ですよ、「ぶろっこりー」。

秩父別の名産品「ブロッコリー」

f:id:mesitsu_lc:20170912174821j:plain

ここ、秩父別はブロッコリーの名産地!

見事なブロッコリーは、

高級料亭の御用達になるほどの実力です。

そう、「ぶろっこりー」は、

地場産品を店名にするという、とにかくすごいお店なのです。

f:id:mesitsu_lc:20170912175341j:plain

誰が呼んだか(私が呼んだ)

緑の魔術師 こと、多胡 紀貴さんです。

ブロッコリーが名産のマチで、

「ぶろっこりー」という店名で、

ブロッコリー料理を作る。

シャキッとコリコリな店主です。

f:id:mesitsu_lc:20170912175349j:plain

それでは。

みなさんをグリーンな世界へといざないたいと思います。

覚悟はいいですか?

緑の魔術師にかかれば。

みなさんの常識は音を立てて崩れ落ちるのです。

魔法のステッキのようにブロッコリーを振ります。

未知のカラー天丼が登場!

f:id:mesitsu_lc:20170912172645j:plain f:id:mesitsu_lc:20170912172601j:plain

▲緑の天丼(980円)

多胡さん!

天丼、みどり!

これ、私の辞書にない!

「ぶろっこりー」の人気メニュー。

緑の天丼です。

f:id:mesitsu_lc:20170912173022j:plain

忙しい現代人には癒しが必要です。

緑の天丼は、ビジネスパーソンにぴったりのごはん。

包み込むような鮮やかグリーン。

小鳥のさえずりが聞こえてきそうです。

写真はブロッコリーの天ぷら。

初めて食べますよ!

食感コリコリでおいしい!

ブロッコリーってこんなにおいしいんですか。

衝撃でした。

食材よ! 緑に染まりなさい!

f:id:mesitsu_lc:20170912174857j:plain

緑の魔術師、多胡さんが、

「染まりなさい! 」と魔法をかけると、

あれよあれよと、緑色。

この色の正体ももちろんブロッコリー!

フリーズドライで粉末にしたブロッコリーを、衣に混ぜているんです。

f:id:mesitsu_lc:20170912173056j:plain

エビもさぞ驚いていることでしょう。

まさか緑になるとは!

しかし、この色。

慣れてくると、不思議と気にならなくなるんです。

心穏やか、森林浴気分で食べ進めます。

甘辛いタレとの相性も抜群です!

まだまだ続く緑の世界

f:id:mesitsu_lc:20170912172941j:plain f:id:mesitsu_lc:20170912173727j:plain

▲緑のナポリタン 880円

私の知ってる色じゃない!

ナポリタンといえば、ケチャップカラー。

魔術師の手にかかれば、この色ですよ。

いや〜、スバラシイ。

そして、こうなると美しい!

マチをあげて取り組む「緑のナポリタン」

f:id:mesitsu_lc:20170912174326j:plain

秩父別にはこんな看板も!

「緑のナポリタン」は、

名産品のブロッコリーのおいしさを広く知ってもらおうと、

マチをあげて取り組むお料理なのです。

町内に3店舗、それぞれの味で「緑のナポリタン」を提供しています。

f:id:mesitsu_lc:20170912173514j:plain f:id:mesitsu_lc:20170912174845j:plain

ソースには地元のトマトで作るジュース、

「あかずきんちゃん」を使用。

酸味のバランスが良く、とても濃厚!

さらに生の状態からバターソテーしたブロッコリー。

コリコリ食感がたまりません!

f:id:mesitsu_lc:20170912173914j:plain

秩父別産の小麦粉、米粉、ブロッコリーの粉を、

平麺に練りこんだオリジナルパスタです。

モチモチ食感でソースも良く絡み、

これはおいしい!

f:id:mesitsu_lc:20170912173634j:plain f:id:mesitsu_lc:20170912173607j:plain

ブロッコリーの冷製スープは、

シャキッとした食感も残っていて、濃厚!

さらに、地元のトマトを使ったジュレがデザートです。

「緑のナポリタン」を頼めば、秩父別が満喫できますね!

ちなみに「ぶろっこりー」では、

地元のブロッコリーが使える、夏季限定の提供。

毎年この時期を楽しみにしている方が多くいらっしゃいます。

ブロッコリーってすごい食材だ!

f:id:mesitsu_lc:20170912174951j:plain

緑の魔術師とブロッコリーの伝道師。

多胡さん夫妻です。

いや〜、恐れ入りました。

ブロッコリー、なめてました。

そんな私に。

最後に人気メニューをすすめてくださいました。

まさか……いや、そんなわけはない!

f:id:mesitsu_lc:20170912173750j:plain

▲ザ・ぶろっこりーラーメン 800円

パッと見た感じは普通のラーメン。

メンマの代わりにブロッコリーが入っているので、

すでに「普通」ではないのですが、それもアリになってしまっています。

f:id:mesitsu_lc:20170912173849j:plain

まさかな……。

考えすぎだよな。

ブロッコリーがトッピングされたラーメンってことだよな。

イカンイカン。

私の頭の中も魔術師によって、

緑に染められているのではないだろうか。

f:id:mesitsu_lc:20170912174352j:plain

ほら来たことか。

やっぱり魔法にかかっている。

緑だ!

圧倒的に緑だ!

期待どおりのラーメンが登場!

f:id:mesitsu_lc:20170912174418j:plain

パスタと同じく、

麺にブロッコリーパウダーを練りこんだ一品。

ここまでくると気持ちが良い。

待ってました!

トロッと濃厚なトマトベースの味噌スープが絡みます。

酸味をしっかり活かすために、

ニンニクや豆板醤などを独自にブレンドした特製味噌を使っています。

さあ、緑の世界へ旅立ちませんか!

f:id:mesitsu_lc:20170912172903j:plain

ああ、癒されました。

秩父別の名産品を使った緑の料理の数々。

カラーに目がいきますが、

味は本物ですよ!

こんなにブロッコリーがおいしいとは。

今日も厨房では、

ブロッコリーを魔法のステッキのように振る多胡さんの姿が。

「食材よ、緑に染まりなさい!」

お店情報

ファミめし屋・焼肉居酒屋 ぶろっこりー

住所:北海道雨竜郡秩父別町1298-4

電話番号:0164-33-3227

営業時間:11:00~14:00(LO 14:00)、 17:00~23:00(LO 23:00)

定休日:月曜日

ウェブサイト:秩父別町のご当地グルメ|緑のナポリタン|ぶろっこりー

※この記事は2017年9月の情報です。

※金額はすべて消費税込です。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

そうきたか!寒い北海道を優しく温めるポトフのお店「ムラタ・ポトフー」に潜入【北海道】
お寿司がセットメニューってウソでしょ?店名は「お好み焼 YO-KI」なのに【北海道】
今年で販売開始から30周年!「チョコブリッコ」の魅力に迫る【北海道】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。