体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モテたい人必見!】オシャレな部屋のつくりかた

オシャレなグッズを買ったり、いらないものを捨てたりと努力はしてきたけど、収納や片付けが苦手……。彼女が遊びに来た時、これのままってアリ? そんな悩みをインテリアスタイリストに相談してみた 整理整頓のされていない部屋では彼女を部屋に呼べない!◆相談者プロフィール

中込恵介さん(26歳)

・東京の下町エリアに暮らす
・職業はモデル
・無駄づかいはしないが、インテリアにはお金をかける
・ネイチャー志向で、日常生活圏内は自転車で移動
・キャンプが好きで、キャンプ道具はひと通りそろっている◆女子の視点から見た、モテる男の部屋とは?

まずは部屋がきれいに片付いていることが大前提。とはいえ、スタイリッシュすぎても緊張してくつろげない。

女子ウケを狙うなら、まったく生活感のない部屋より、少し隙があるくらいがちょうど良い。
女子は男子の部屋からいろいろなことを読み取っているから、もともと持っているおしゃれグッズを活かさない手はない!

好きなCDや本、趣味のコレクションなどを飾ることで、自分ならではの感性をアピールして「また来たい」と思わせるモテ部屋にしよう。◆部屋は広く見せる努力を!

まずはできるだけ床面を多く露出して部屋をすっきり広く見せること!

飾っていくのはそのあとです。時間がない時は、本なら本、服なら服をそれぞれ1ヵ所にまとめるだけでもすっきりした印象に。

家具や雑貨を買う時は、アイテムそのものを見るのではなく、部屋全体のバランスを意識したセレクトが重要。

飾る時にも、ものを配置したら、部屋の入り口から全体を見渡して、ゴチャゴチャした印象になっていないかどうかチェックして!

それでは早速、モテる男の部屋づくりに挑戦してみよう!◆生活感のあるものはとにかくしまうべし!

積み上がった本、パソコンにペタペタ貼られた付箋、ゴミ箱代わりにしたコンビニのレジ袋、空っぽの花瓶など、見た目だけでなく、仕事の効率も悪いデスクまわりに。

好きなものを飾り、生活感のあるものをしまうことで、出しっぱなしのものがあってもセンスの良いデスクまわりになる。

空だった花瓶にはドライ植物を入れてオシャレに◆スマホを使ってメモを電子化すべし!

パソコンに貼ってあった付箋を一時的にクリップボードに移し、紙を重ねて目隠し。必要な内容は、時間のある時にスマホや手帳に移して。
1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会