ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

スマホをハンドスピナーにする「Zonto」が世界中から大注目

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ハンドスピナーのブームは、世界的なものだ。大人も子供も夢中になって、ベアリング軸の物体を回し続けている。

一度始めると、なぜか病みつきになってしまうハンドスピナー。すでにいろいろな形状の製品が流通しているが、その中で「我々が普段使っているものをハンドスピナーにしてしまおう」と考える人たちも現れた。

「普段使っているもの」とは、すなわちスマートフォンである。

・スマホそのものを高速回転させる

スマホの背面に取り付ける輪っか、いわゆるリングホルダーというものがある。

リングホルダーは何かと便利だ。いざとなったらスマホスタンドにもなる。

そのリングホルダーに、ベアリングを取り付けてみよう。するとスマホが指の上でクルクル回転するようになる。「Zonto」は手持ちのスマホを高速ハンドスピナーにしてしまうリングホルダーだ。

上手くやれば3分は回転し続けるというZonto、スマホの画面の壁紙を工夫してアーティスティックなハンドスピナーを創造することもできる。指の上だけでなく、机の上で回すことも可能だ。持ち方を変えて、様々なパフォーマンスを開発できるかもしれない。

このZonto、何と専用アプリも用意している。Zontoを装着したスマホでどのようなパフォーマンスができるのか、それを公開するためのサービスである。

スマホの上に皿やコーヒーカップを乗せ、中華料理のターンテーブルのように回すという使い方もできそうだ。

・8ドルからの投資枠

Zontoは現在、Indiegogoのキャンペーンページで8ドル(約910円)からの投資枠を設けている。定価は1個25ドル(約2800円)だそうだ。

日本への配送にも対応していて、今年12月からの出荷を予定しているという。

決して高くないものなので、試しに投資してみるのもいいだろう。街中でさりげなく回せば、周囲から大いに注目されるに違いない。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。