体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰かに話したくなる「時間が経ってもおいしいマカロニサラダ」の作り方【作り置きのヒント】

f:id:yuu514:20171024163246j:plain

こんにちは、料理研究家のYuu*です。

今週は、時間が経ってもおいしいマカロニサラダをご紹介いたします。

ゆでてマヨネーズとあえるだけ、と簡単にできるマカロニサラダですが、時間が経つとパサついたりひと塊になってしまったり意外に難しいんです……。これは、時間が経ってマカロニがマヨネーズの水分を吸ってしまうことや、マヨネーズが分離してしまうことが一因。

そこでオススメなのが、「マカロニを完全に冷ましてからマヨネーズとあえる」方法。熱によるマヨネーズの分離を防げ、また、冷ます間にマカロニの表面にある水分が吸収されるので、マヨネーズを加えた時の水分吸収をストップできるのです!

また、マヨネーズに牛乳を加えることでマカロニのでんぷんを柔らかく保ち、保水効果のある砂糖でさらにパサつきを防止できます。これで、たっぷり作って作り置きしても最後までおいしく食べられます。

Yuu*の「基本のマカロニサラダ」

【材料】(2~3人分)

サラダ用マカロニ 80g きゅうり 1本(100g) たまねぎ 1/4個 ロースハム 2枚 ゆで卵 1個

(A) 砂糖 小さじ1 塩 小さじ1/3

(B) マヨネーズ 大さじ3〜4 牛乳 大さじ1 砂糖、和風だしの素 各小さじ1 からしチューブ 小さじ1/2 塩、こしょう 少々

作り方

f:id:yuu514:20171024163451j:plain

1. サラダマカロニは、袋の表示より1~2分長めにゆでる。ザルにあげて、流水でもみ洗いする。完全に冷めたら、そのままおいておく。(マカロニに水分を吸わせます)

f:id:yuu514:20171024163355j:plain

2. きゅうりとたまねぎは薄切りにし、(A)をもみ込み5分ほどおく。ロースハムは1cm四方に切る。

f:id:yuu514:20171024163519j:plain

3. マカロニの表面についた水分が完全に吸収されたら(手にくっつくぐらいが◎)、ボウルに入れ、水気を絞ったきゅうりとたまねぎ・ロースハム・ゆで卵・(B)を加える。フォークなどで卵をつぶしながら、全体をよく混ぜ合わせたらできあがり。

マカロニをプリッとさせるには?

f:id:yuu514:20171024163702j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。