体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マクドナルドのアメリカンデラックス第1弾『デラックスチーズ』食べてみた

マクドナルドのアメリカンデラックス第1弾『デラックスチーズ』食べてみた

 マクドナルドの『アメリカン』シリーズが帰ってきた!過去の『BIG AMERICA』、『アメリカンビンテージ』など、アメリカ感満載のテイストで好評だったマクドナルドの『アメリカン』シリーズが堂々の復活!その発表会が開かれたので行ってみましたよ。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回のアメリカンバーガーは『アメリカンデラックス』。アメリカを感じさせるだけでなく、アメリカのデラックスさを感じさせる、食べごたえのあるシリーズになるとのこと。第1弾の『デラックスチーズ』発表会には、アンバサダーの厚切りジェイソンさん、そしてC.P.A.チーズプロフェッショナルの資格を持つ眞鍋かをりさんが登場。そのデラックスなチーズ感に感動していました。

 『アメリカンデラックス』シリーズ第1弾となるデラックスチーズバーガー(各税込490円)は、ビーフとチキンの2種類。このほかサイドメニューとしてアメリカンチェダーポテト(税込190円)、朝マックメニューのデラックスチーズ マフィン(税込330円)がラインナップ。それぞれ11月1日から登場します。

 デラックスチーズバーガーは、ビーフとチキン、それぞれのパティに粗挽きブラックペーッパーが入った特製ステーキソース、香ばしくグリルしたスモークベーコン、そしてコクのあるチェダーチーズスライスに濃厚な味わいのチェダーチーズソースをトローリと。バンズも北海道産粉チーズをトッピングした特別なもの。さて、気になるお味はどんな感じでしょう。食べてみましたよ。

 まずはデラックスチーズバーガー ビーフ。ボリューミィな見た目ですねぇ。そしてトロリとしたチーズソースのはみ出し具合が食欲をそそります。アメリカではこのチーズソースをかけたりディップしたり、いろいろな場面で出てくるんですよね。


 一口頬張ると『肉!』というアピールがガツンときます。「HAHAHA! AMERICAなんだからBEEF食えYO!」って感じ。それをスモークベーコンの香りとチーズのまろやかさが後ろからサポートしてる、といった印象です。そして、醤油ベースのステーキソースに使われている粗挽きブラックペッパーがピリリと全体をまとめあげていますね。レタスとオニオンのシャキシャキ感も、食感にいいアクセントを与えています。

 これに対してチキンはどうでしょう。フライした胸肉のチキンパティで、見た目ではビーフよりボリュームがある感じ。口もそのぶん大きめに開いて……パクリ。ビーフに較べ、あっさりした味わいのチキンパティのせいか、こちらの方がよりチーズソースの味わいが引き立ちますね。チーズの味を堪能するなら、こちらの方がいい感じです。こちらも、ステーキソースの粗挽きブラックペッパーがいいアクセントになっています。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。