体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

表と裏を繋ぐ一方通行のトンネルがある家【edge HOUSE】

▲自宅の裏からガレージに進入し、出動時はそのまま前進で。ありそうでなかった一方通行のトンネル型ガレージの使い勝手はいかに

▲自宅の裏からガレージに進入し、出動時はそのまま前進で。ありそうでなかった一方通行のトンネル型ガレージの使い勝手はいかに

サーフスペースがある縦長ガレージ|建築家・石井 渉(無垢スタイル建築設計)

埼玉県川口市。東京のベッドタウンとなる一画に、目指すK邸はあった。閑静な住宅街とショッピングモールが共存する街並みにあって、K邸はレンガを巧みにあしらった上品な色合いの壁面と、ウッディなオーバースライダーが巧みにバランスされていることが印象的。玄関脇の小窓に目をやると、そこにはサーフボードのフィンが並べられていることから、サーフィンを愛する海の男が暮らしているのだろうと想像できる。

ぐるりとK邸の周囲を回ってみる。裏側には幅3mほどの行き止まりの路地があり、そちら側にもガレージシャッターが設けられている。前後にふたつのガレージが? と思いながら正面に戻り、オーバースライダーを開けてもらった。すると、Mクラスの大柄なボディが姿を現し、その後方には薄暗い空間が長く続いていることがわかった。前後にふたつのガレージを備えているのではなく、建物を貫くようなガレージだったのだ。

照明をつけると、ちょうど車2台を縦に並べても余裕の広さがある。裏側のシャッターも全開にすると、K邸前の道路と裏の路地とが繋がった。このガレージは、その空間そのものが動線となっていて、裏側から入り正面から出るという一方通行となっていたのだ。

施主のKさんは、サーフショップの店長を務めるベテランサーファー。まるでトンネルのような長いガレージ内には、数多くのウエットスーツや使い込んだスケートボード、オリジナルで製作したという“Radio Flyer”など、いかにもサーファーの空間を感じさせるアイテムが並べられている。

ガレージへは前後のシャッターの他に、玄関からもアクセスが可能。玄関から入り左手のドアを開くと、そこは趣味の部屋。サーフボードを立てて収納できるように、その部分の天井高は3m以上を確保。また、ロングボードを寝かせて置けるほどの広さがあるため、簡単なメンテナンスやワックスアップはここで済ますことができる。ここをKさんは“サーフスペース”と呼んでいるが、作業の効率と車へのアクセスを考慮して、サーフスペースからガレージへの動線は2ルート。車に積載する荷物などによって使い分けをしているようだ。

▲一見するとごく一般的な住宅。しかしシャッターを開けるとそこには長く広いトンネルのようなガレージが

▲一見するとごく一般的な住宅。しかしシャッターを開けるとそこには長く広いトンネルのようなガレージが

サーフィンに関するグッズはガレージ内部だけで完結

K邸の設計を担当したのは、建築家の石井渉さん。施主であるKさんとの出会いは、石井さんの仕事上の協力会社の社長がKさんのサーフィン仲間であったことがきっかけという。自邸の建て替えを検討しているKさんが石井さんに伝えた希望は、①同居する父親の居住空間とその動線を優先すること。②通り抜けできるガレージを設置すること。③車と近い位置にサーフスペースを設けること。④外観およびガレージシャッターの意匠にこだわりたい……などが挙げられる。

1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会