体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アドテクは新しい技術の宝庫!?──ヨッピーさんがインターネット広告の未来、面白さを探る

1994年のバナー広告から始まったアドテク発展の歴史


今回インターネット広告とアドテクをテーマを選んだ理由は、「アドテクに携わっているエンジニアがすごく少ない」」っていう話を聞いたからなんですね。でもインターネットにおける広告の役割はビジネスにとってすごく大事なことだし、新しい技術もあれこれ入ってきてるじゃないですか。

エンジニアのみなさんって、技術は大好きですし、そもそもインターネット技術を引っ張っているGoogleもアドテクの会社だし、アドテクに関わっているエンジニアもたくさんいる。

そんな中でアドテクとはどんなものか、そこにはどんな技術があるのか。ヤフーの井上真吾さんとLINEの波形虎さんに聞いていきたいと思います。

今回のゲストパネラー紹介

ヤフー株式会社 井上 真吾さん
マーケティングソリューションズカンパニー ディスプレイ広告事業本部本部長。プレミアム広告、プログラマティック広告、プロモーション広告を含めたディスプレイ広告事業全体を統括。複数の関連会社取締役を兼任。2015年9月より一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム理事。

LINE株式会社 波形 虎さん
Ads Platformプロダクトマネジメント室 室長。フリーエンジニアなどを経て2005年7月ヤフー株式会社入社。以来一貫して広告プラットフォームおよびB2B向けシステムの企画、設計、開発、運用に携わる。2016年7月、LINEに入社し、運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」などB2B向けプロダクトマネージメント、開発部門を統括。

広告のテクノロジーはいろいろ進化しているので、まずはインターネット広告がどう変遷してきたのかをLINE波形さんにご説明いただきます。


まず、1994年に登場したのがバナー広告です。当時は記事に関係のない広告も多く、バナーをクリックするとそのサイトに飛ぶというもの。美術館の広告のバナーを出したところ、6割ぐらいの人がクリックしたそうです。

バナー広告は今でもWebサイトでよく見かけると思いますが、Webサイトの上部や下部に常時表示、スマートフォンではオーバーレイで表示させるなどがあります。基本的にこれは表示回数やクリックした回数で広告主からお金をもらうというスタイルになっています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。