体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

明治『大人のきのこの山』『大人のたけのこの里』発売5年でさらに進化! 史上最短レベルの「6秒動画劇場」も公開中!

 

明治の国民的お菓子「きのこの山」と「たけのこの里」のシリーズ商品『大人のきのこの山』『大人のたけのこの里』が今年も発売! 昨年までの同商品よりも”大人の味わいを徹底追求”したというそのおいしさは? 実際に食べて確かめてみた!

厳選カカオを使用した『大人のきのこの山』『大人のたけのこの里』!

明治「きのこの山」が発売されたのは1975年。森永製菓「ハイチュー」や人気カップやきそば「ペヤング」、ナビスコ「チップスター」も同級生で、75年はお菓子市場の黄金世代といっても過言ではない。「たけのこの里」はそれから少し遅れて1979年に登場。これ以降、「あなたはきのこ派?たけのこ派?」と人気を二分するトップブランドとなった。

 

そんな人気シリーズの「大人向け」バージョンがこちらの『大人のきのこの山』(64g・希望小売価格 税込216円)『大人のたけのこの里』(61g・希望小売価格 税込216円)で、2013年の初登場時より社会人や主婦層でリピーターが続出中。甘さ控えめのミルクチョコレートが、こどもの頃「きのこの山」と「たけのこの里」に夢中になった世代を再びトリコにしている。

 

しかも今年は、さらに大人の味わいを徹底追求してバージョンアップ! 『大人のきのこの山』は“カカオのおいしさ”をより味わえるビターなチョコに、『大人のたけのこの里』は“あとひくおいしさ”を高めるべくチョコとクッキーのバランスを変更したという。これは今すぐ食べてみなくては!

 

『大人のきのこの山』は”2層チョコレート”になって新登場!

まずは『大人のきのこの山』を試食! パッケージは高級感のあるマットな仕上がりで、ものすごく贅沢感がある。

『大人のきのこの山』はカリッと香ばしいプレッツェルの食感と、厳選カカオの2層チョコレートの組み合わせに注目。手にとってみてもじっくり見ないと気づかないが、きのこの山のチョコレートの部分が上下で2層に分かれている。いうならば明治「アポロ」のような感じだが、アポロのようにピンクとブラウンではなく2つとも色合いがほぼ同じブラウンなのでわかりにくい。

さっそくひとつ食べてみると、まったりとして濃厚なミルクチョコレートとさくさくのプレッツェルの相性は抜群! 普通のきのこの山に比べるとビターだが、あくまで”甘さ控えめ”というレベルでそれなりに甘い。コーヒーによく合う!

昨年の同商品と比べると、チョコが2層になった分、濃厚さが増したように思える。ここ数年プチ贅沢な高級チョコが流行しているが、それらと並ぶくらいチョコレートのクオリティが高いように感じた。きのこの山はカリカリのプレッツェルに気をとられがちだが、今回はぜひチョコのおいしさをじっくり味わってみてほしい!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。