体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暮らし上手さんは知っている!観葉植物の正しい水やり方法

生活・趣味
暮らし上手さんは知っている!観葉植物の正しい水やり方法

観葉植物の元気がなくなっている原因は、もしかしたら水やりにあるのかも!? 大事なグリーンを枯らさないためにも、ここで紹介する水やりのコツと方法をおさえておきましょう。水やりの頻度から、量、季節ごとの水やり方法、霧吹きまで徹底解説します!園芸店「プロトリーフ ガーデンアイランド玉川店」監修。

目次

これだけはおさえたい!【観葉植物の水やり】5つのコツ!

意外と知らない!? 観葉植物の“正しい”水やり方法

これだけはおさえたい!【観葉植物の水やり】5つのコツ

「水やりって、どんなタイミングですればいいの?」「季節によって水やりの量は調整すべき?」と悩んだことはありませんか? 観葉植物の水やりって意外とむずかしいですよね。
でも、ここで紹介するたった5つのコツをおさえればOK! 初心者はもちろん、上級者も普段の水やりを見直すつもりでチェックしてみてください。

 

【Point1】基本の水やりタイミングは“土が乾いたら”

水やりのタイミングは観葉植物の好みによってまちまちですが、基本的には土の表面が乾いたらやります。表面に赤玉土を敷いておくと、写真のように乾燥状態(左)と水やり直後(右)でハッキリと色が変わるのでおすすめです。
表面の色で判断しにくい場合は、土を触って湿り気を感じるかどうかを基準にしてみてください。

 

【Point2】水やりの量は、鉢底から水が流れ出るくらいまで

ジョウロで水をやっても、表面が湿っただけでは中まで水が行き渡っていません。
たっぷりとやり、鉢底から水が流れ出てきたらようやく行き渡ったサイン。水やりの際は鉢底に注目してみてください。

 

【Point3】水やりには「最適な時間帯」がある!

水やりにおすすめの時間帯は、一年を通じて暑すぎず寒すぎない午前10時ごろ。水温は気温の影響を受けて上下しますが、これは鉢の中であっても同じこと。
冬の寒い朝にやった水が凍ってしまうと根を傷め、夏の暑い日中に水をやるとお湯になってやはり根を傷めてしまいます。
逆に言えば、暑すぎず寒すぎない気温ならいつでもOK。お住まいの地域やライフスタイルに合わせて調整してみてください。

 

【Point4】季節によって水やりのタイミングは調整する

土の中は、気温が低い冬は乾燥しにくく、気温が高い夏は乾燥しやすいもの。土の表面が乾いたことを目安に水やりをするのが基本ですが、冬なら3〜4日後、夏なら土の表面が乾ききる前にやるくらいでもOK。
春と秋は、基本どおりの水やりがおすすめです。

 

【Point5】観葉植物の葉に霧吹きをするべし!


霧吹きで葉に水をかける「葉水」にはメリットがいっぱい! 観葉植物の葉の表面についたホコリを落としたり、水分があることでホコリをつきにくくしたり、冷暖房による室内の乾燥を防ぐなどなど。
水やりは何日かに1回でも、葉水はなるべく毎日かけてあげましょう。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会