ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

飽きっぽい赤ちゃんにおもちゃを買うのはもったいない!? 不用品で楽しく手作り!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170727153038j:plain

赤ちゃんのおもちゃは種類が多くて何を選んだらいいか分からなくなりますよね。

色々なメーカーがあり、知能発達を促すとうたうものや、人形がおしゃべりをするなど様々です。

今月で1歳になる三男のおもちゃは、専ら手作りのものばかりです。私はおもちゃは買わずに作るということをモットーにしています。

材料は、日常生活で不要になったものです。例えば、ペットボトルの中に少量のお米やビーズなどを入れ、テープで巻きます。すると、マラカスのように振っては遊んでくれています。

また、使わなくなった靴下に同じくお米を入れて縫い合わせ、ボタンで目を付ければぬいぐるみの完成です。長さが欲しい時は主人の靴下を使います。

さらに、息子が一番お気に入りのおもちゃは、卵パックの空箱です。角を丸く切り取り、舐めても口が切れないようにするだけで、ずっと遊んでくれています。

他にも、靴下を丸めて縫い合わせ、使わなくなった洋服のタグだけを付ければ、丸いボールにタグがついたおもちゃの出来上がりです。 関連記事:小さな成長が見られる「手作りメリー」。〇〇〇が思いがけない玩具に!

私は、裁縫などは得意な方ではありませんが、手軽に作れるおもちゃは不器用な私でも簡単に作ることができます。

そして、赤ちゃんは飽きやすいものです。大手メーカーのおもちゃを与えても、初めは興味を持って遊びますが、すぐに飽きてしまい部屋の片隅に寂しそうに転がってしまったり、置き場所に困ったり、捨てるのも勿体ないと思ってしまうのですが、手作りのおもちゃだと子供が壊したり、なくしたり、飽きてしまった時でも躊躇なく捨てることができます。部屋がおもちゃに圧迫されることもありません。

また、おもちゃは一個買うだけなら安いものでも、二個、三個と数が増えるとその分出費もかさんでしまいます。ですから、手作りをすることで節約にも大いに貢献していると思います。

三男はこのように手作りおもちゃで遊んだり、週に2回~3回は、町のふれあいパークに連れて行き、家では置くことのできない大きな滑り台や手押し車やミニカーなどで体を動かす遊びをさせています。

無料で使用できますし、他の子供との触れ合いにもなりますし、私もママさん達と談笑してストレス発散にもなっています。

そういった、町のサポートを上手く使いつつ、当分手作りおもちゃは大活躍する予定です。 関連記事:空き箱だって立派なおもちゃ!知育玩具より興味を示したエコで安全な手作り玩具

f:id:akasuguope01:20170726061941j:plain

著者:tatto

年齢:27歳

子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週目

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1歳でも楽しめた!紙のポールで自由に組み立てる室内用のジャングルジム
ほこりまみれでびっくり!義母からの出産祝いは30年以上前のおさがりのおもちゃ
お祝いのおもちゃそっちのけ!石や葉っぱが一番好きな遊び道具

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。