体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一口コンロでもあきらめないで! 狭いキッチンの活用術

一口コンロは怖くない! 狭いキッチンの上手な使いこなし方

台所が狭い……特に一口コンロのキッチンは「狭くて使いづらい」というイメージがつきもの。お部屋探しのときもつい避けてしまう人が多いかもしれません。

SUUMOジャーナルの「今の部屋に住んでみて後悔・失敗したと思うのはどんなこと?」という調査でも、「キッチンが狭い」は2位にランクインしています。しかし、一口コンロのコンパクトなキッチンを使いこなし、毎日自炊をしている人もいるのです。そこで、一口コンロを活用している上級者に会って、付き合い方のコツを聞いてきました。

慣れが大切!気づいたら一口コンロと仲良くなっていた

Akikoさんは一口コンロ歴半年。新卒入社する会社の借り上げ社宅に引越してきたことから、一口コンロ生活が始まりました。

それまでは二口コンロの部屋で料理を楽しんでいたAkikoさん、最初に一口コンロのキッチンを見たときは「これは厳しいな」とショックだったようです。それでもネットで「キッチン 狭い」などのワードを検索して、使いやすいキッチンづくりの工夫を重ねました。いまではほぼ毎日会社にお弁当を持参し、夕食も自炊しています。

Akikoさんがお弁当と自炊を続けられる秘策は「つくり置き」。休日に2時間半ほどかけて「ひじきの煮物」や「にんじんしりしり」など5品ほどをつくっておくそうです。調理時に一口コンロの不便さをカバーしてくれるのは、「なんといっても電子レンジです。それから、コンロを使っているときにお湯を沸かすことができる電気ケトルを使えば、インスタントでもおみそ汁を飲めるので、強い味方です」(Akikoさん)【画像1】Akikoさん作「豚しゃぶサラダ」と「ひじきと豆の煮物」ひじきはつくり置きを活用(画像提供/Akikoさん)

【画像1】Akikoさん作「豚しゃぶサラダ」と「ひじきと豆の煮物」ひじきはつくり置きを活用(画像提供/Akikoさん)

「狭いとそうじが楽なので、キッチンをきれいに保てます」とAkikoさんからは前向きな意見も。こうして、工夫と努力を重ねた結果「最初はいやで仕方なかった一口コンロとも、うまくやれそうな気がしてきました」と笑います。【画像2】ピカピカに磨かれたAkikoさん宅のキッチン。レンジフードと壁に突っ張り棒を渡してそこに調理器具をぶら下げている。立つのが気持ちよくなるキッチンづくりの成果(画像提供/Akikoさん)

【画像2】ピカピカに磨かれたAkikoさん宅のキッチン。レンジフードと壁に突っ張り棒を渡してそこに調理器具をぶら下げている。立つのが気持ちよくなるキッチンづくりの成果(画像提供/Akikoさん)

「まわりに一口コンロ生活をしている人が少ないので、ほかの人がどんな使い方をしているか知りたいです」というAkikoさん。日々、情報収集に余念がありません。次に引越すときも一口コンロで大丈夫か伺うと「意外といける!と分かりましたが、可能なら二口コンロがいいです」と正直に答えてくださいました。

なんとなくでOK!「こまかいことは気にしない」一口コンロ生活

yasueさんも、一口コンロ歴半年のつくり置き派、お弁当派です。「揚げ物や豚肉を炒めたものなど、メインのおかずをつくって冷凍しておくことが多いです。味付けを済ませ、調理するだけにした肉や魚を冷凍するのも、便利です」とのこと。つくり置きを調理するのに長時間かけることは少なく、「野菜を切るなどの下準備と調理が別の日ということもあります」といいます。【画像3】きれいに整頓されたyasueさん宅のキッチン。調理時には、真ん中に置いた調味料のワゴンをおろして場所をつくる(画像提供/yasueさん)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。