体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

掃除で活躍の雑巾、最もよくしぼれるのは「〇〇しぼり」だった!

絞り方でこんなに違う?今年の大掃除では水がよく切れる「〇しぼり」で家中をピカピカに!

リンナイが、自社のR.STYLE(リンナイスタイル)会員4064人に大掃除について調査した。その結果を見て驚いた。雑巾(ぞうきん)のしぼり方は、自分のこれまでのしぼり方が普通だと思っていたら、そうではないしぼり方のほうが効率よくしぼれるというのだ。さっそく試すことにした。果たしてその結果は……。掃除の方法を誰に教わるかの年代別調査の結果も併せて紹介する。【今週の住活トピック】

「『大掃除』に関する意識調査」を実施/リンナイ(株)

筆者のやっている横しぼりは水気が多い?違うしぼり方に挑戦してみたら…

リンナイが実施したのは、大掃除に関する調査なのだが、ニュースリリースの最後に掃除のコツとして紹介されていた「雑巾のしぼり方」に筆者の目は釘付けになった!

雑巾のしぼり方には「縦しぼり」「横しぼり」「握りしぼり」の3種類があって、最もよくしぼれるのは縦しぼりなのだという。筆者はいつも横しぼりにしていた。「最もよくしぼれるしぼり方はどれだと思いますか?」という質問に対して、筆者と同じ横しぼりが58.6%で最多だった。正解の縦しぼりは38.5%、握りしぼりは0.7%なので、大半は横しぼり派なのだと分かる。【画像1】昔から掃除に使われている“雑⼱“について、最もよくしぼれるしぼり⽅はどれだと思いますか?(出典/リンナイ「『大掃除』に関する意識調査」より抜粋転載)

【画像1】昔から掃除に使われている“雑⼱“について、最もよくしぼれるしぼり⽅はどれだと思いますか?(出典/リンナイ「『大掃除』に関する意識調査」より抜粋転載)

いつも何となく「しぼり切れていないなあ」と感じていたので、さっそく縦しぼりの実力を試すことにした。

SUUMOジャーナル編集部の協力を得て、わが家でいつも使う雑巾をバケツでゆすいで、3つのしぼり方でしぼり、それぞれのしぼり出せた水の量を測るという方法で比べてみた。

まず、筆者自身が3つのしぼり方をしたところ、3つのしぼり方であまり差が出なかった。これは、しぼる前にどの程度水を含んでいるかによってしぼれる水の量が変わることもあるので、編集部2人にも同じように3つの方法でしぼってもらった。

3つのしぼり方の違い(筆者が実践)

【画像2】雑巾のしぼり方の違いを実験した(実験/山本久美子、撮影・協力/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】雑巾のしぼり方の違いを実験した(実験/山本久美子、撮影・協力/SUUMOジャーナル編集部)

編集者Tの場合のしぼった水の量(分かりやすいように水を着色している)

【画像3】雑巾のしぼり方別に、しぼり出せた水の量の比較をしてみた(実験/山本久美子、撮影・協力/SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】雑巾のしぼり方別に、しぼり出せた水の量の比較をしてみた(実験/編集者T、撮影・協力/SUUMOジャーナル編集部)

画像3の結果は以下のとおり。差はあるものの、やはり縦しぼりが一番しぼれるようだ。

(1)縦しぼり、(2)横しぼり、(3)握りしぼり

筆者の場合:(1)160ミリリットル (2)160ミリリットル弱(3)150ミリリットル強

編集者H :(1)200ミリリットル (2)180ミリリットル (3)175ミリリットル

編集者T :(1)220ミリリットル (2)180ミリリットル (3)170ミリリットル

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。