体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カンボジアの治安は?物価は?カンボジア旅行の基本情報まとめ

今回記事で取り上げる「カンボジア」は、アンコールワットをはじめとする神秘的な遺跡群が魅力の国!人気のあるアニメや映画の舞台としてよく登場し、「一度は訪れてみたい!」と考えている人は多いのではないでしょうか?

カンボジアの魅力はアンコールワット遺跡だけではありません。東南アジア最大の湖である「トンレサップ湖」や、よくテレビにも登場する日本人が再生させたカンボジアの絹絣など、興味深い見所がたくさん!

とはいえ、まだよく知られていない国でもあり、旅行先エリアの治安や物価情報などが気になりますよね!この記事では、気になるカンボジアの治安と物価について様々な角度からリサーチした結果をお伝えします!

*編集部追記
2017年10月公開の記事に、新たに項目を追加しました。(2018/1/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

カンボジアに行ってみての感想

photo by pixta

人気ナンバーワン世界遺産といっても過言ではない、アンコールワットがある国として知られるカンボジア。私がカンボジアを訪れたのは春で、すでに気温は暑く、観光をするにも体調に気をつけなくてはなりませんでした。

全体の感想としては、カンボジアの一番の見所であるアンコールワットはやはり自然と遺跡の融合が素晴らしく、このためだけでもカンボジアに来た甲斐があったと感じました。しかしながら、年々入場料が高くなっている、観光客が多すぎてストレスがたまるなど、マイナスの面もありました。

カンボジアの物価は安いですが、外国人が集まる観光エリアや都市部では観光客価格があり、下手すると日本より高い場合もあります。カンボジアの中でも、首都であるプノンペンは治安が良くないとされるので、注意してくださいね。

 

旅行のルート

photo by pixta

カンボジアでは、首都・プノンペンとアンコールワットの観光拠点の街・シェムリアップを訪れました。プノンペンには4泊、そしてシェムリアップには2泊しました。プノンペンはあまり治安が良くないですが、それでも以前よりはずっと安全になった印象を受けました。

現在は街のインフラも整い始め、旅行者向けの施設も急増しています。またシェムリアップはアンコールワットを訪れるほとんどの観光客が宿泊する都市なので、やはり物価が高かったです。

 

おすすめの都市

photo by pixta

カンボジアの象徴ともいえるシェムリアップにある、世界遺産のアンコールワット。東南アジアにはバラエティに富んだ世界遺産がたくさんあり、どれもオススメなのですが、やはりアンコールワットの存在感は圧倒的です。

サンスクリット語で、アンコールは王朝、クメールは寺院を意味し、アンコール・ワットは美しい彫刻が特徴的なクメール建築の傑作といわれています。その迫力にはただ圧倒されるばかり!

600年ものあいだインドシナ半島で続いたアンコール王朝の栄華が偲ばれる遺跡に立つと、そこに込められた思想や現在までに至る歴史の重みを感じることができます。

 

治安

Photo by pixta

最も気になるイスラム過激派関連のテロ事件は、カンボジアでは発生していません。2003年にジュマ・イスラミーヤ(JI)の活動に関与していたとされるイスラム系団体の構成員4名の逮捕、2015年にタイ爆発事件の関係者とされる男が逮捕された以外、テロ組織によるとみられる誘拐を含む大きな事件の発生は確認されていません。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。