体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の選挙戦でインスタが全く盛り上がらない理由

エンタメ

日本の選挙戦でインスタが全く盛り上がらない理由
J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Denka MORNING VISION」。10月24日(火)のオンエアでは、22日(日)に投開票が行われた第48回衆議院議員総選挙における「SNS活用の温度差」について、ハフポスト日本版のニュースエディター生田綾さんにお話を伺いました。

今回の選挙では、各政党でFacebookやTwitterなどSNSによる投稿や話題が集中した中、Instagramだけは選挙期間中と感じさせないくらい静かでした。そもそもInstagramのアカウントを持つ政党は少なく、利用しているのは自民党、希望の党、公明党、社民党、日本のこころの僅か5党。立憲民主党はTwitterのフォロワー数が19万人で主要8党の中で一番多いにも関わらず、Instagramはやっていないようです。

Instagramを開設している政党も、投稿数は少なくフォロワー数も1000人程度…と、非常に少ないので積極的に活用していない印象だったそうです。

アメリカ大統領選では、Instagramが効果的に活用されましたが、日本の議員に聞いたところ「Instagramにまで手が回らない」「アメリカ大統領選に比べて、InstagramなどSNS活用にかけられる資金が違う」といった意見が多かったそうです。

「政治の世界でも今後、SNSの使い分けを進めていってほしい」と生田さん。企業のアカウントでは、Twitterではユーザーを楽しませるような話題、Instagramは世界観を表現する写真、と使い分けしているところも多いので、選挙や政党のPRでも使い分けで人々を楽しませることが重要になるのでは? と話していました。また、選挙後に各政党がSNSを通じて、どのように政策などを発信していくか、有権者としては注目していきたいところです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会