体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金沢21世紀美術館で「やくしまるえつこ映像作品選」上映

エンタメ
金沢21世紀美術館で「やくしまるえつこ映像作品選」上映

やくしまるえつこが、バイオテクノロジーを用いて制作し、音源と遺伝子組換え微生物で発表した作品『わたしは人類』。

世界最大の国際科学芸術賞であるアルスエレクトロニカ賞の「STARTS PRIZE」で、今年グランプリを受賞したこの作品『わたしは人類』が、2018年1月8日まで、金沢21世紀美術館で開催中のコレクション展「死なない命」で展示されている。

この展示に関連して、金沢21世紀美術館 シアター21にて2017年11月17日(金) – 11月19日(日)まで ”バイオ・バロック:「生命の変容」をめぐる映画祭” が開催。マシュー・バーニー、サスキア・オルドウォーバース、ピエール・ユイグ、キム・ギドク、やくしまるえつこ、の作品を上映。この上映企画の最終日11月19日(日)17時から「やくしまるえつこ映像作品選」が上映されることが決定した。

「やくしまるえつこ映像作品選」では、『わたしは人類』のライブパフォーマンス映像「『わたしは人類』(変異ver. at YCAM)」の上映をはじめ、黒沢清や富永昌敬といった実力派映画監督からメディアアーティストの真鍋大度まで、幅広いクリエイターが携わってきた、やくしまるえつこ・相対性理論の独自の映像世界を、シアターの大画面と音響で堪能出来る。

金沢21世紀美術館・コレクション展2「死なない命」は2018年1月8日まで開催中。生命を素材や主題にした作品群を通して、生命の「いま」について考える展示で、やくしまるのほかに、デミアン・ハースト、エドワード・スタイケン、BCLらの作品が展示されているので訪れてみてほしい。(岡)

・やくしまるえつこ オフィシャルサイト『わたしは人類』ページ
http://yakushimaruetsuko.com/archives/2602
・金沢21世紀美術館
バイオ・バロック:「生命の変容」をめぐる映画祭
http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=69&d=1816

期間:2017年11月17日(金) ~2017年11月19日(日)
会場:金沢21世紀美術館 シアター21
チケットはこちらから→ https://t.livepocket.jp/e/biobaroque

上映スケジュール
11/17(金)
19:00~21:00 サスキア・オルドウォーバース
最新作、日本未公開作を含む全9作品の上映(1999-2017 / 120分)

11/18(土)
10:00~10:40 マシュー・バーニー 『クレマスター1』(40分)
10:55~12:14 マシュー・バーニー 『クレマスター2』(79分)
13:15~16:32 マシュー・バーニー 『クレマスター3』(182分)※途中15分の休憩
16:50~17:32 マシュー・バーニー 『クレマスター4』(42分)
17:50~18:44 マシュー・バーニー 『クレマスター5』(54分)
19:10~21:25 マシュー・バーニー 『拘束のドローイング9』(135分)

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会