体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

このバンドは死を覚悟させる。「人間業じゃない」演奏が爽快!

このバンドは死を覚悟させる。「人間業じゃない」演奏が爽快!

音楽に疎い人でも、Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人は多いんじゃないだろうか。

彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイザーの5つの音楽機器と楽器を“自らの手”で弾いているんだ。細やかな手さばきだけではなく、その場にいたら「命の危機」を感じてしまうであろう激しさを感じて欲しい。

2分33秒から暴走が始まる

このバンドは死を覚悟させる。「人間業じゃない」演奏が爽快!このバンドは死を覚悟させる。「人間業じゃない」演奏が爽快!

「ウソでしょ!」と、ツッコミたくなるくらいの暴走っぷり。誤解がないように先に伝えておくと、レーザーと爆発のみ加工している。あとは、ロボットにキズをつけないように工夫はしているものの、全て本物だとNigelは言う。 

彼が実際に見て聴いて感じた1970年代のロックバンドを意識して、“破壊するプログラミング”をしたらしい。命がけだけど、いつか激しすぎるロボットバンドを目の前で見たい……かも。Licensed material used with permission by Nigel Stanford

関連記事リンク(外部サイト)

最低のバンドから最高のバンドへ。ロック史を塗り変えたザ・ストゥージズとは?
ビートルズの「71曲」をたった5分で演奏する天才ドラマー(動画あり)
奇跡のシンクロ!世界最高のマーチングバンド演奏に口が開きっぱなし・・・(動画あり)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。