体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

黒崎真音「7年間の感謝をすべてのみなさんに…」一つの区切りと、新たなスタート

エンタメ
黒崎真音「7年間の感謝をすべてのみなさんに…」一つの区切りと、新たなスタート

 黒崎真音が10月24日に【MAON KUROSAKI SPECIAL LIVE 2017】を開催。9月27日にリリースした初のベストアルバム『MAON KUROSAKI BEST ALBUM -M.A.O.N.-』を記念して開催された今回のスペシャルライブに大勢のオーディエンスが詰めかけた。

黒崎真音 ライブ写真(8枚)

 ツイン・ギター、ベース、キーボード、ドラムによるフルバンドを従え登場した黒崎は、1stシングル「Magic∞world」(『とある魔術の禁書目録II』EDテーマ)で初っ端からオーディエンスを最高潮へと誘う。さらに大ヒットナンバー「X-encounter」(『東京レイヴンズ』OPテーマ)へと畳みかけることで、7年以上のキャリアで培われた曲とパフォーマンスの進化をこれでもかと見せつけた。

 黒崎の勢いに押されてバンドも猛烈にオーディエンスを煽ると、原曲よりパワフルなライブ仕様へとビルドアップされたロック~メタル・ナンバー「DEAD OR LIE」(『ダンガンロンパ3 未来編』OPテーマ)「VERMILLION」(『DRIFTERS』EDテーマ)でさらに会場はヒートアップ。デビュー曲「君と太陽が死んだ日」(『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』第1話EDテーマ)や「刹那の果実」(『グリザイアの楽園』OPテーマ)などベストアルバムに収録された屈指の人気曲を、バンドメンバーのソロパートなどを交えた構成で次々と繋いでいく。

 MCでは、この7年の間にアニメ主題歌の作詞や制作を通じて学んださまざまなこと……、例えば“人の生死”や“別れ”を知り“力強く生きていくこと”などについて、深く向き合ったことを語る場面も。そして最後には「本当に楽しかった! 本当にスペシャルライブでした! 改めて、素晴らしい楽曲、スタッフ、バンドメンバー、最高のファンのみんなと出会うことができて幸せです。そして何より、私は音楽とアニソンに出会えなければ、今の自分はありません。7年間の感謝をすべてのみなさんに伝えさせてください、本当にありがとうございました!いつか武道館でワンマンもやるぞー!」と、7年間支えてきてくれたファンやスタッフに改めて感謝を表明し、未来に向けて決意を新たにしていた。

 ポップ、オルタナティブ・ロック、デジタル・ロック、インダストリアル・メタルにポップなクラブ・サウンド、バラード…などなど、これまでに黒崎が乗りこなしてきたあらゆる音楽性を17曲~ワンステージに凝縮しながらライブは終演した。

 ベストアルバム、そしてスペシャルライブで活動を総括した黒崎だが、2018年1月から東阪名と巡るライブツアーも決定。新たな未来へ舵を切る彼女の躍進、そして進化からまだまだ目が離せない。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会