ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

大塚 愛が思う「ラブソングで一番やっちゃいけないこと」とは? デビュー14周年企画第4弾

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大塚 愛が思う「ラブソングで一番やっちゃいけないこと」とは? デビュー14周年企画第4弾

 大塚 愛のデビュー14周年を記念して第9弾に分けて年末まで実施される、14年間のインタビュー掘り起こし企画と、配信プライスオフキャンペーン。この第4弾がスタートした。

大塚 愛 キュートな画像一覧

 インタビュー掘り起こし企画第4弾は、2008年9月の『クラゲ、流れ星』インタビュー。配信プライスオフ第4弾は、4thアルバム『LOVE PiECE』で、10月25日から2週間実施される。なお、次回11月8日からは5thアルバム『LOVE LETTER』となる。

◎大塚 愛 『クラゲ、流れ星』インタビュー(2008年9月)
URL:http://bit.ly/2z59fJs

ラブソングで一番やっちゃいけないなと思うのは、好きでもないのに「好き」って書いてしまうこと。

 2008年、デビュー5周年を迎えた大塚 愛は『クラゲ、流れ星』なるバラードシングルをリリース。これまでに「金魚花火」「大好きだよ。」「プラネタリウム」などカラオケでも愛されるヒットバラードをいくつも世に送り出し、近年では「恋愛写真」「ポケット」など今にも泣き出しそうな歌声と表情で歌い上げるバラードも話題となっていた彼女だが、そこにはラブソングを歌い続けていく者としての拘りがあった。

 2004年に制作し、そこから4年間ずっと温め続けてきた『クラゲ、流れ星』も涙を誘うエモーショナルなバラード。今作リリースのインタビューの際「「好き」とか「愛してる」というフレーズを使うとき、大塚 愛は100%真剣ですよね?」という問いに対し、「確かにそこは真剣ですね。ラブソングで一番やっちゃいけないなと思うのは、好きでもないのに「好き」って書いてしまうこと。それはあり得ないです。この前、亀田誠治さんと物凄く長話をさせて頂いたんですけど、そこでも同じような話をしていて。本当にある気持ちで詞も楽曲も書かないと、生きてる感じがしない。ということは「辛くてどうしようもない」っていう内容のものが生まれたときは、本当に自分が辛くてどうしようもないときだから、そういうことを繰り返していく人生って辛いねって(笑)。」と彼女は語っている。

 さらに「自分的にもリアルであるかないかは大きくて、特に恋とか愛をテーマにした楽曲は、リアルな気持ちが薄いと、何でもない、すごく薄っぺらいものになってしまう気がするので。そこは変えちゃいけない。」とも。飄々としていて、あっけらかんとしたイメージも強い大塚 愛だが、こうしてリアルな気持ちに拘り続けてきたからこそ、彼女のバラードはリスナーの心を強く深く掴んできたのである。(TEXT:平賀哲雄)

◎『LOVE PiECE』配信プライスオフ
iTunes:http://apple.co/2y4VXMC
レコチョク:http://bit.ly/2xmk5pM
mu-mo:http://bit.ly/2y4W7nc

関連記事リンク(外部サイト)

大塚 愛がアーティストとしての地位を確立した楽曲とは? デビュー14周年企画第3弾
大塚 愛が「もう辞めてもいいな」と思った瞬間とは? デビュー14周年企画第2弾
大塚 愛がエイベックスにもたらした変化とは? デビュー14周年記念インタビュー掘り起こし企画など開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。