ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

警察の「交番・派出所・駐在所」では何が違う?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
警察の「交番・派出所・駐在所」では何が違う?

全国に約6千か所も設置されている「交番」は、市街地の各所に設けられた警察官の詰め所のこと。1994年までは「派出所」が交番の正式名称でした。現在も派出所という名称は残っていますが、通常の交番とは異なって空港警備派出所など、警備のための警察官の詰め所的な存在となっています。

交番は警察学校の後ほぼ全員が経験

交番の所属は所轄の地域課となり、一般的に3交代制で2人以上の勤務が原則です。そんな交番勤務の主な仕事は「一般警ら活動(パトロール)」と「巡回連絡」になります。

巡回連絡とは担当地域内の各世帯や会社などを訪問し、何か変わったことはないか、新たに転入した、もしくは転出した人はいないかを確認・情報収集する仕事。一般市民と直接触れ合う機会の多い交番勤務は警察活動の基本でもあり、警察学校を卒業するとほとんど全員が経験します。

交番の勤務内容は多忙。管轄内で事件や事故、市民からの通報などがあれば真っ先に駆けつけ、外出の必要がないときには報告書などの書類作成が待っています。

交番と駐在所の違いは居住スペース

交番と同じく地域課に属する警察施設に「駐在所」があります。交番との違いは、端的にいうと居住スペースが設けられていること。つまり、勤務する駐在員は駐在所で生活を送ることになります。

さらに、駐在員の配置は基本1人なので交代要員はなく、それこそ24時間体制で業務を行わなければなりません。とはいえ、駐在所勤務の警官といえども非番の休みはあり、さらに会議などで本署に出かける場合もあります。

そんなときは警官の配偶者が代理となって話を聞いたり、所轄へ連絡を入れるのです。そのための講習もあり、月額5万円から10万円程度の報償費も支給。そんな事情からか、駐在員には既婚者が多いといいます。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。