体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】ダニエル・デイ=ルイス最後の出演作、『Phantom Thread(原題)』のトレーラーが公開

ファッション業界をテーマとする伝記映画『Phantom Thread(原題)』の初トレーラーが公開された。本作は、アカデミー主演男優賞を3度受賞した唯一の俳優、ダニエル・デイ=ルイスの最後の出演作になる見込みだ。

本紙ヴァラエティは、デイ=ルイスが『Phantom Thread(原題)』の撮影を最後に60歳で引退することを、6月20日に最初に報じていた。

第2次世界大戦を終えた1950年代のロンドンを舞台とし、デイ=ルイスは妹(レスリー・マンヴィル)と共に、英国ファッション業界の中枢にいる有名なデザイナーを演じる。デイ=ルイスが演じるキャラクターの人生は、出会ってすぐに彼のミューズであり恋人として欠かせない存在となった、ヴィッキー・クリープスが演じる強い意志を持った女性に引き裂かれていく。「君は綺麗だ。すごく綺麗だ」と、デイ=ルイスはクリープスに語りかける。

トレーラーの途中、クリープスはデイ=ルイスに「なぜ結婚しないの?」と尋ねるが、デイ=ルイスは臆病に笑うだけで質問には答えない。

また、あるシーンでは、マンヴィル演じるキャラクターがクリープスに「警告していいかしら。兄は苦しんでいる。その愛で破滅するのではないかと」と述べる。

『Phantom Thread(原題)』はポール・トーマス・アンダーソン監督にとって8作目の映画であり、デイ=ルイスとは2回目のコラボレーション作品となる。2人は2007年公開の映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でチームを組み、同作でデイ=ルイスは2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した。

『Phantom Thread(原題)』は12月25日に米劇場公開される。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。