ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アメリカ空軍F-35A・11月に初の日本配備

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アメリカ空軍F-35A・11月に初の日本配備 嘉手納基地に配備される第34戦闘飛行隊のF-35A(PHOTO: USAF)

 アメリカ太平洋空軍(司令部:ハワイ・ヒッカム基地)が、F-35Aの沖縄・嘉手納基地への配備を発表しました。F-35は海兵隊のSVTOL(垂直離着陸)仕様であるF-35Bがすでに山口県の岩国基地に配備されていますが、空軍が使用するCTOL(通常離着陸)仕様のF-35Aが配備されるのは、アジア地域で初のことになります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 やってくるのは、ユタ州ヒル空軍基地の第12空軍・第388戦闘航空団に所属する第34戦闘飛行隊。2016年8月2日に、空軍初のFー35実戦部隊となった飛行隊です。全部で12機のF-35Aと、関係する要員約300名が11月初旬にも嘉手納基地へ移動する予定です。

 これは太平洋空軍で2004年から開始された「Theater Security Package(TSP)」と呼ばれるプログラムの一環として行われます。担当する区域における、アメリカ空軍の安全保障への安定的な関与をアピールする目的のプログラムで、過去にはF-22が嘉手納基地に配備されたことがありました。

 「F-35Aは、現在および将来的に発生する恐れのある脅威に対して、その優れた精度の攻撃力で我々の戦力を補完してくれるだろう。非常に我々の任務に合っており、ともに訓練や任務を行うことを楽しみにしている」と、アメリカ太平洋空軍司令官のテレンス・J・オショーネシー大将は語っています。
アメリカ空軍F-35A・11月に初の日本配備(PHOTO: USAF)

 10月17日から22日まで、韓国・ソウルで開催された国際航空防衛見本市(ADEX 2017)で、アジアでの初お目見得を終えたF-35A。今回の配備は、6か月間のローテーション配備とされ、以降の予定についてはまだ明らかになっていません。

<出典>
U.S. Air Force’s F-35A Lightning II scheduled for first operational deployment to Indo-Asia-Pacific(PACAF)
PHOTO: USAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

「救難最後のとりで」救難ヘリUH-60J
【レッドブル・エアレース】劇的なフィナーレ。室屋義秀選手が最終戦で優勝、逆転で年間王者に
ドレスコードは「女スパイ」 女スパイだらけのサバゲーイベント新木場で開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。