体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

選択肢の多いミニバンは、使い方を考えて選ぼう【クローズアップ後編/ヴォクシー】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)の連載。今回はトヨタ ヴォクシーをクローズアップ!

▲今年4~9月の乗用車(軽自動車・輸入車を除く)の新車登録台数で9位にランクインしているヴォクシー(日本自動車販売協会連合会のランキングより)。家族で乗るのはもちろん、1人で乗ってもサマになるかっこよさも人気の秘密だろう

▲今年4~9月の乗用車(軽自動車・輸入車を除く)の新車登録台数で9位にランクインしているヴォクシー(日本自動車販売協会連合会のランキングより)。家族で乗るのはもちろん、1人で乗ってもサマになるかっこよさも人気の秘密だろう

豊富な選択肢から選ぶ鍵は、普段使いでどう乗るか

ミニバンはSUVと並んで近頃最も選択肢が多いカテゴリーだ。趣味として選ぶわけではないので家計を圧迫するほど頑張って買う類いのものではなく、予算内でサイズが合うもの、という選び方になるだろう。ヴォクシーが日本で最も売れているミニバンなのは、国内ではまだまだサイズの上限としているユーザーが多い5ナンバーサイズ、すなわち全幅1700㎜未満に収まる大きさを保っているからだろう。

予算とサイズに制限がないのならトヨタアルファード/ヴェルファイアは3列目までゆったりと乗ることができ、動力性能も高い。加えて周囲に“押し出し”が利く顔を望むならぴったりだ。多人数乗車は必要だが典型的ミニバンはイヤという人に向けてマツダはCX-8で3列シートのSUVという提案をした。走行安定性はかなり高いはずだ。

ガチンコのライバルはこれまで同様日産 セレナだ。強みはプロパイロットという自動運転技術。ドライバーに運転の責任があるのは変わらないが、渋滞時や高速走行時には基本的にステアリングに手を添えているだけでOKなのは一度体験したら戻れないほどの“楽”さ。ここはヴォクシーに対する明確なアドバンテージだ。

この他、価格的にかぶる輸入車にはVW ゴルフトゥーランが、よりコンパクトなサイズだとホンダ フリードも人気。要は高い頻度で何人乗せ、どれくらい荷物を積むかだ。

ヴォクシーに魅力を感じた方へ、オススメの中古車はこちら

人気車のライバルはもちろん新車だけではない。中古車にまで視野を広げれば選択肢は無限大に広がる。とはいえ、膨大な車種の中から選ぶのは困難な作業だ。そこで、塩見さんと編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか(※中古車価格帯、モデル流通量はともに10月19日時点のカーセンサーを参照)

プジョー 307SW(初代)

▲ミニバンに抵抗あるなら、ワゴンタイプの307SWがオススメ
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会