体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平安時代創業の茶舗「通圓(つうえん)」でランチ&お茶でほっこりしてきた【京都・宇治】

f:id:mesitsu_la:20170910204317j:plain

みなさまこんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

京都には、数百年年以上続く、老舗中の老舗がちらほらあります。

平穏で平和な今の時代でも、10年、20年とお店を続けていくのは大変ですよね。

なのに、数々の乱世の時代をくぐり、今もなお愛されるお店があるのです。

しかも、平安時代の1160年創業!

平清盛や後白河天皇の時代ですよ。

もー、なんというか、なんじゃそりゃなレベル。

場所は、京都・宇治市です。

観光地・宇治にある

f:id:mesitsu_la:20170910204108j:plain

最寄駅は、京阪電鉄の宇治駅。JR宇治駅からは東へ徒歩で約7分。

f:id:mesitsu_la:20170910204249j:plain

京阪宇治駅を降りると、宇治橋があります。

写真は南方面(上流)でして、川の左方向は宇治上神社、右方向は10円玉のデザインにもなっている平等院があります。どちらも世界遺産です。

f:id:mesitsu_la:20170910204317j:plain

こちら「通圓茶屋」で出迎えてくださったのは、24代目当主の通円祐介さん。

わざとらしく抹茶ソフトを手にしていますが、はいそうです。私が持たせました。

なお、抹茶ソフトはテイクアウトで350円(店内ではほうじ茶付きで400円)。

濃厚すぎず、宇治抹茶の香りをいかしたソフトクリームです。観光客だけでなく、地元のファンもかなり多いそう。

f:id:mesitsu_la:20170911123213j:plain

建物は、寛文12(1672)年に建てられたもの。

江戸時代の町家の遺構を残す、貴重な建物として京都府より文化財の指定を受けています。

場所は、宇治橋の東詰、つまり宇治橋の東側のたもと。

「通圓」は、もともとは、宇治橋の橋守として始まりました。

ここは、京都と奈良を結ぶ街道沿い。

朝に京都を出発するとこのあたりでお昼時になったため(徒歩ですからね)、茶屋としてお茶や軽食を振る舞うようになったそうです。

ということで、足利義政や豊臣秀吉、徳川家康や諸国大名が、こちらでお茶などを飲んだことが記録に残っているといいます。

江戸時代、宇治茶を江戸に運ぶ「茶壺道中」のスタート地はココ。

茶壺道中は、大名行列よりも権威が高いものだったそうで、街道で大名行列とかちあったときは、大名の方が道を譲らねばならなかったそう。

広辞苑にも店名が載っている!!

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。