体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ドローン規制」って結局どうなった? 実際に申請して都内で飛ばしてみた【後編】

エンタメ

自力でドローン申請とは

2015年の航空法の改定によって飛行に申請・許可が必要となったドローンの飛行。これまでもさまざまなドローン関連の記事を紹介してきたTIME & SPACE編集部としては、個人が自力で許可を得るまでを追わないわけにはいきません。

というわけで、実際に「ドローンを合法的に都内で飛ばすまで」の手順を追ってみました。

こちらの記事もあわせてどうぞ
ドローン規制って結局どうなったの? 飛ばせる場所は? T&S編集部がドローンを都内で飛ばすまでの道のり【前編】

前回は“ドローン申請のプロ”の行政書士、前場亮さんにお話を聞きましたが、今回はそのアドバイスを元に、ドローン素人である筆者が実際に飛行許可書をゲットだぜ! に至るまでをお送りしたいと思います。

実体験でわかった、初心者が申請する際のポイント

というわけで、こちらが東京航空局からようやく頂いた「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」。いわゆるドローンの飛行許可書です。


申請書の郵送時に同封する、返送用の封筒で承認書は送られてきます。よって汚い宛名書きは筆者の字。航空局で付け足してくれた「様」だけ、まとも……

申請チャレンジから、実に2カ月。東京航空局長の印鑑も眩しいこの承認書の入手まで、いや長かった……(含む申請以前の駄ミス・後述)

実は筆者の使う機体は古く、記入の簡略化が許された認可機種ではありません。前述の前場さんにも「それは、相当苦労しますよ」と釘をさされていただけに、感慨もひとしお。

読めば「〜無人航空機を飛行の禁止空域で飛行させること及び飛行の方法によらず飛行させることについて〜申請書のとおり許可及び承認する。〜(要約)」とあります。

ここに記載された期間、経路、申請機体、申請した飛行させる者(筆者)、そして条件(要は申請内容から外れたことをやるな、とにかく安全に気をつける的内容)。こちらを満たすのであれば、ひとまず航空法には抵触せずにドローンを飛ばせるというわけです。

まずは、申請書を書く。がんばって書く。

とにかく「無人航空機の飛行に係る許可・申請書」に記入していかなければなにも始まりません。

まずは、様式を国交省の公式HPから記入用の申請書一式(Wordファイル)をダウンロード。記入も、ひとまずWord上で進めていきます。

現在のところ、ネット上にはドローンに詳しい方々による記載例がいくつもありますので、筆者はそれを参考にしつつ進めていきました。
記入内容は、まず様式1にて申請者、及び飛行を行う者の氏名、住所連絡先などについて。飛行の日時、飛行させる場所、高度、飛行の方法(夜間か、屋外かなど)

様式2では、使用する機体の機能、性能についてを記載。様式3では、飛行させる者(操縦者)の飛行経歴、知識、能力についてを記載していきます。また、それぞれの様式には、補足となる「別添資料」も必要となります。

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会