ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

国内最大級の複合型デビューコレクション「VANTAN CUTTING EDGE」開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2017年10月15日(日)、デザインスクールとしては国内最大級となる、デビューコレクション「VANTAN CUTTING EDGE 2017」が恵比寿のEBiS303にて開催された。

【VANTAN CUTTING EDGE】とは、バンタンデザイン研究所東京校・大阪校が毎年開催している、在学中からプロと同じフィールドで実践の場を提供する、“デビュープロジェクト”。
ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどのクリエイティブ分野に特化し、その道のプロを育てるバンタンならではの一大イベントだ。

今年は”食”のスクール レコールバンタンも加わり、クリエイティブ分野を学ぶスクールとしては国内最大級の規模となる複合型のデビューコレクションとなった。
例年よりも更なる賑わいを見せた今年のテーマは『First Break!』。
表現における「初動」や「きっかけ」をテーマに、企業やブランドと共に制作する産学共同プロジェクト、異分野同士の受講生チームによる学科を超えたセッション作品など、数ヶ月にわたる厳しい学内審査を勝ち抜いた優秀作品の数々がSHOW、展示、販売形式で発表された。

それぞれの分野の最先端で活躍するプロフェッショナルたちの審査によって、ショーでは「HAIR MAKE EXPLOSION」、「RUNWAY WAVE」、展示では「SPINNS プペル特別賞」、「STYLE SESSION」、「DESIGN&MOVIE」、「PHOTO ×」、フードでは「Sweets Live Collection」、「Café Groove」、と、それぞれの部門におけるグランプリ作品が選ばれた。

今回はその中から、ファッション分野の目玉とも言える「RUNWAY WAVE」でグランプリに輝いた作品と本人の声を届けたい。


バンタンデザイン研究所2年制スタイリスト本科 松平 悠太さん


 

「ステージでこらえていたので、今になって涙が止まりません。このショーは本当に怖かった。リハーサルが一回もうまくいかなくて、本番で初めて完成したものを見たという感じでした。でも、スタイリングの面白さと難しさの両面を改めて感じさせられた時間でした。とにかくみんなのおかげで結果が出せたと思っています。企画チームのみんな、クラスのみんなの存在にすごく支えられたショーでした」

どの分野でも、受賞者の名前が発表されるとともに、多くの仲間の声援が上がった。
共に泣き、笑い、抱き合い、そして、仲間に背中を押されステージへ向かっていく受賞者たち。そこには、ライバルであり、そしてともに夢を目指す戦友への激励と、苦楽を共にする同士たちの強く熱い絆を感じた。

—友の快挙を全力で喜び、そして刺激を受けて新たに闘志を燃やす。
賞はもちろん、そういったここでしか出会えなかった仲間の存在の大きさを実感することにおいても、この機会はとても大切に思えた。

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。