体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【グリーンのある暮らし】観葉植物の植え替え方法|プロ監修

【グリーンのある暮らし】観葉植物の植え替え方法|プロ監修

観葉植物初心者のみなさん、大事なグリーンを園芸店やインテリアショップで買った鉢のまま、何年も育てていませんか? 実は、すくすくと生長させるためには、定期的な「植え替え」が必要なんです。そこで、観葉植物の植え替えの手順や、ベストな道具などを園芸店「プロトリーフ ガーデンアイランド玉川店」に徹底解説してもらいました!

目次

観葉植物の植え替えのタイミング

観葉植物を植え替える前に知っておくべきこと

観葉植物の植え替え方法

観葉植物の植え替え【Q&Aコーナー】

観葉植物の植え替えのタイミング

観葉植物の植え替えが必要なタイミングは、次の3つ。

 

【タイミング1】鉢底の穴から根が出てきた!

鉢底穴から根が出てしまうのは、「根詰まり」のサイン。鉢の中で根が生長しすぎて、水や養分を吸収できなくなっている状態です。植え替えをして、ひとまわり大きな鉢に移してあげましょう。

 

【タイミング2】水やりをしても土に吸い込まれない!

購入時は水やりをするとスーッと染み込んでいったのに、水が土の表面にたまってしまう、また染み込みが遅い…それはふかふかだった土がかたくなってしまったから。観葉植物の植え替えをして、ふかふかの新しい土にしてあげましょう。

 

【タイミング3】2~3年の間、植え替えをしていない!

上記のようなサインがなくても、2、3年何もしていなかったら植え替えましょう。土が古くなると、土の粒子がくずれてかたくなってしまうので、水分や養分をうまく吸収できなくなります。購入日や前回植え替えた日を書いたプランツタグをつけておくと忘れずにすみますよ。

 

観葉植物を植え替える前に知っておくべきこと

 

古い土を使わない

観葉植物を植え替えるときは、かならず未使用の土を使いましょう。
使用済みの土は、でがらしのコーヒーのようなもので土本来の力がほとんど残っていません。バランスが整っている新しい土に植え替えてあげましょう。

 

なるべく冬は避けて作業する

観葉植物の種類によってちがいますが、基本的に冬を避けての植え替えがおすすめです。観葉植物の原産地は熱帯が多いので、ほとんどの種類は寒さが苦手。ただでさえ苦手なのに、根の環境を変えるというのはとても負担がかかるものなのです。
ベストの時期は、桜の開花期から、ゴールデンウィークあたりと覚えておきましょう。

 

最適なサイズの鉢を用意する

根が生長するスペースを増やすために、ひとまわりからふたまわり大きなサイズの鉢に植え替えるのが基本。鉢が大きすぎると土の量だけが増えてしまって、根にうまく栄養が行き届きません。
「大きな鉢に植え替えたから5年は植え替えしないでOK!」なんてことはないので、少しずつ大きくしていきましょう。

 

観葉植物の植え替え方法

 

用意するもの

用意するのは、観葉植物の右から時計まわりに鉢、ジョウロ、棒、土入れ、鉢底ネット、土、鉢底石。

今回使用する土は「室内向け観葉・多肉の土」(プロトリーフ)。
虫を寄せつける原因となる堆肥を使わず、肥料も配合済みだから、植物初心者にもおすすめです。

 

観葉植物の植え替え方法

【グリーンのある暮らし】観葉植物の植え替え方法|プロ監修
1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。