ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ホグワーツ城や不死鳥の騎士団本部に泊まれる? ハリー・ポッターの世界を体験できそうな民泊物件7選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
potter1_e

世界的に有名なファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第一作目が出版されてから今年で20周年。ということで、民泊サイトを運営する「HomeAway(ホームアウェイ)」が、『ハリー・ポッター』の世界を体験できそうな民泊物件7選をピックアップ!

映画の中で使われたロケ地だったり、物語に登場するのにそっくりな家だったり。どれもこれも魅力的で、宿泊したら本当に魔法使いになったみたいな気分を味わえちゃうかも!?

・ホグスミード村(イギリス / ゴートランド駅)

potter2_e

ハリーたちが唯一ホグワーツから出て遊べるホグスミード村。そのロケ地であるゴートランド駅から車で15分の位置にある村、リトルベックでこちらのコテージに宿泊するのはいかが? バタービールを楽しむホグワーツの生徒たちに出会える予感!?

potter3_e

・ルビウス・ハグリッドの小屋(イギリス)
ホグワーツの森番、ハグリッドの小屋は物語の中にたびたび登場しました。こちらの物件はイギリスの伝統的な納屋を改修して作られたコテージで、ホグワーツ周辺の森を連想させるような大自然に囲まれているそう。Wi-Fiや暖房完備でマグルでも安心!

potter4_e

・ウィーズリー家(イギリス)
こちらの物件は、大規模な家族の集まりにぴったりの現代的なコテージ。物語の中でのビル・ウィーズリーとフラー・デラクールの結婚式のような、屋外での素敵な結婚パーティーも可能とのこと。

potter5_e

・不死鳥の騎士団本部(イギリス)
マグルの住宅地のど真ん中に位置する、不死鳥の騎士団本部として使われたシリウス・ブラックの生家。こちらの物件は静かな通りにひっそりと建ち、騎士団本部にそっくり。さらにキングズ・クロス駅からも徒歩数分で、9と3/4番線にも簡単に遊びに行けます。

potter6_e

・マルフォイ家(イギリス)
ハリーのライバルだったドラコ・マルフォイの居城を思わせる、美しく保全されたエドワード風の城。周辺には峡谷道、森、3つのビーチ、2つの入り江、城壁で囲まれた庭園、そして2つの滝がある2000エーカーの土地が広がっています。ただし、屋敷しもべの妖精ドビーはいないもよう。

potter7_e

・貝の家(ウェールズ)
ロンの兄であるビル・ウィーズリーとフラー・デラクールが住んでいた美しい隠れ家「貝の家」。それを彷彿とさせるこちらの物件はウェールズ北西部ハーレックの町にあり、カップルのロマンチックな休暇におすすめなのだとか。

potter8_e

・ホグワーツ城(イギリス)
魔法の世界を体験できそうなこちらの物件は、ホグワーツ魔法魔術学校によく似たイギリスの古城。ゲスト28人を収容でき、結婚式など特別なイベントにも最適だそうです。

(c)Warner Bros and HomeAway

もっと詳しく読む: ホグワーツ城や不死鳥の騎士団本部に泊まれちゃう!? 『ハリー・ポッター』の世界を体験できそうな民泊物件7選(Photrip フォトリップ)http://photrip-guide.com/2017/10/24/harry-potter-homeaway/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。