体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クチコミ高評価宿に聞いた丹後・カニ宿の楽しみ方【京都】

クチコミ高評価宿に聞いた丹後・カニ宿の楽しみ方【京都】 焼きガニ

11月6日に解禁されるズワイガニ漁。

ここ、京都府北部の丹後エリアではカニ宿の予約が続々始まっています。

解禁直後を狙うなら、早めに予約するのが正解!

そこで今回はクチコミ高評価の宿で、カニの楽しみ方を教えてもらいました!

ひとくちに「カニ宿」と言ってもコースや内容は宿によってそれぞれ。

じっくり調べて失敗のないカニ宿選びに役立ててくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

大人の絶景隠れ宿 寿海亭【間人】

憧れの間たいざ人ガニの「活」を好みのままに!

活ガニ

活ガニ

用意されるのは間人ガニの活ガニを2人で1杯。これを好きな調理法で楽しめます。

とろりとした食感の生で味わうカニ刺しも魅力的!

焼きガニ

焼きガニ

焼きガニ

自分で炭火焼ができる焼きガニは香りもごちそう!

甘みが凝縮された身はホクホクに。カニ味噌に地酒を注いで味わう甲羅酒もオツ♪

カニ鍋

カニ鍋

カニ鍋

生でも美味しい新鮮なカニなので、レア状態のしゃぶしゃぶで。刺しとはまた違う食感が楽しめます。

〆の雑炊もまたシアワセ♪間人ガニ緑のタグが付く間人ガニ。小型船の日帰り漁のため鮮度抜群。漁獲量が少なく「幻のカニ」ともカニ新鮮なカニの旨みを心ゆくまでたっぷりと味わって!

大人の絶景隠れ宿 寿海亭ではすべて間人ガニを使用した刺し・炭火焼・味噌甲羅焼・雑炊の各種カニ料理のほか、コッペガニ(雌のズワイガニ)や京都丹波牛ステーキなども味わえます。

「ほんまに美味しいカニ」だから、好きな食べ方で好きなだけ食べてほしいというスタイル。

間人漁港で水揚げされた希少な間人ガニを、最高の味わいと言える「活きたまま」で提供してくれます。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。