体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

増毛効果も!? 医師が教える“カロリー制限”の健康効果と注意点

増毛効果も!? 医師が教える“カロリー制限”の健康効果と注意点
カロリー制限をすることで、ダイエットなど健康効果があることは知られておりますが、ブラジルの最新研究で増毛の効果があることが報告されました。

しかし、カロリー制限と言っても具体的にどれくらい抑えることが良いのでしょうか?

今回は、カロリー制限の健康効果や注意点について、医師の松本先生に解説をしていただきました。

カロリー制限による増毛効果の最新研究

マウスの実験

研究内容 

マウスのカロリーを60%に制限して、皮膚や毛の変化を研究しました。(参考)

研究結果 

カロリー制限群のマウスでは毛包幹細胞が拡大しており、毛包の成長が促進し、細胞も長生きでした。

また、自由に餌を食べるマウスと比較して、カロリー制限したマウスは皮膚に3倍の血管があり、より多くの血液を皮膚にもたらし、皮膚細胞の新陳代謝が良くなっていました。その結果として体毛が増えていたと報告されております。

考察、今後の展望 

カロリー制限は皮膚に著明な影響を及ぼすこと、脂肪という断熱材の減少に皮膚が適応していることが証明されました。皮膚の血流が良くなると皮膚もきれいになる可能性があるでしょう。

健康的なカロリー制限とは?

カロリーの説明

アカゲザルのある実験では餌が比較的人工的なものだった場合70%程度のカロリーにすると健康効果があることの結果でしたが、別の研究で餌を自然のものにした場合は、カロリー制限の効果はそれほどでもありませんでした。(参考)

他にも要素がありますが、加工食品などの人工的な食事が主体の場合は、普段の摂取カロリーを70%位に制限することは病気を減らす効果があると考えられています。

カロリー制限をして得られる健康効果 

遺伝子の活性化

減量

絶対的なカロリーが減ることで、ある程度は減量できます。ただし、それ以上に自分で使うエネルギーが減って必要なカロリーが少なくなると減量効果はあまりなくなります。 

長寿遺伝子の活性化

カロリーを制限した食事で体内に取り込まれる糖質の量が減ると、細胞内のミトコンドリアが体内の脂肪を使ってエネルギーを産生する過程で、サーチュイン遺伝子が活性化します。

それによりよく働くミトコンドリアが増え、老化や病気の原因となる活性酸素をあまり出さずにエネルギーをたくさん作るようになり以下の予防効果もあると考えられています。

・脳内の神経細胞の発達の促進(参考)

・アルツハイマー病

・骨粗鬆症

・動脈硬化

・がんなどの生活習慣病

・肌の調子が良くなる

・体調回復

ただ、前述のアカゲザルの実験とも関係しますが、カロリー制限には多くが糖質制限も含まれると考えられ、純粋なカロリー制限だけの効果かどうかは何とも言えません。

カロリー制限をして痩せない場合の原因 

痩せない女性
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。