体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界で活躍したいあなたへ!ビジネスで使える英語を最短で習得する秘訣とは?

世界で活躍したいあなたへ!ビジネスで使える英語を最短で習得する秘訣とは?

「世界を舞台に活躍したい!」

TABIPPO.NETの読者の皆さんの中には、そんな夢やあこがれを持っている方も少なくないのではないでしょうか?

日本と海外を自由に行き来しながら働いたり、海外で独自のアイディアをもってビジネスを始めるなど、世界を舞台に挑戦したい!

しかし、そのためにどうしても越えていかなければならない大きな壁の1つに「言語の壁」がありますよね。

最近、仕事で英語を使う機会が増えてきた
海外からメールが来て、返信の仕方がわからなかった
打ち合わせ等でビジネス用語を英語で言われ、理解できなかった
ネイティブの英語は、うまく聞き取れない
そもそも自分の英語が正しいか不安…
など…
そんな経験がある人もきっと多いと思います。

また近年、日本国内ではグローバル化が急速に進んでおります。
以下2つのグラフはこれからビジネスシーンにおいて、英語がいかに必要なスキルになるか、というのを示したものになります。

 
急増する外国人労働者

これまでは、電車に乗っていても日本人ばかりだったり、日本企業の職場は日本人ばかりだったりしたのですが、近年は、学生の皆さんにも身近な所で言うと、飲食店などのアルバイト先でも外国人の労働者が非常に多い!というのを実体験として感じている方も多いのではないでしょうか。

日本の経済政策の一環で入国における規制緩和などが活発に行われ、日本で働く外国人労働者は年々増加をしているのです。 そんなグローバルな世の中になろうとしているいま、コミュニケーションにおいて英語を話せる人材というのはあらゆるシーンで求められます。

 
日本企業の海外進出にともなうグローバル人材の育成

海外ビジネスに関心の高い日本企業を中心にアンケートをとった所、約半数がグローバル人材の育成に課題を感じ、その主とするところはビジネス英語のスキル向上です。

このことからも、今後の就職・転職市場においても「ビジネス英語」というのは、非常に重要なスキルであることは間違いありません。

 

そこでは今日は、「世界を舞台に活躍したい」「グローバル人材として活躍したい」方々向けに、1日1題ビジネス英語を学ぶことのできる「HiNative Trek」というサービスをご紹介したいと思います。

 

こんにちは、TABIPPOの篠原輝一です


自己紹介が遅れました。 TABIPPOの篠原輝一です。
いま僕は、対企業向けに広告企画の提案をメインに担当しております。

仕事柄、海外の会社と打ち合わせすることもあれば、政府観光局など世界各国の方々とビジネスの話をする機会が多く、実は「英語」を使う機会がたくさんあります。

ただ、ビジネス英語となると1通のメールにしても言い回しや、ニュアンスなどを上手く伝えるのが難しいと感じることがあり、最近は「HiNative Trek」で毎日ビジネス英語に触れてます。

 

「HiNative Trek」ってどんなサービスなの?


1日1題、洗礼された教材を元に、課題が送られてくるので、隙間時間などにその課題を提出します。 そうするとネイティブの講師から個別でフィードバックが届きます。チャット形式で送られてくるので、いつでもチェックでき音声機能もついているので、発音などを練習できるのも大きな魅力の1つです。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。