ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

高価買取が期待できるオーディオコンポとは?メーカーと相場情報

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オーディオコンポは不要になったから売却を検討しているという方。最近はスマホに直接スピーカーを繋ぐという方が増え、オーディオコンポを売ることを検討しているという人も増えています。
一方で、まだまだオーディオコンポを使いたいアナログ派だという人もいるため、中古のオーディオコンポは需要があります。そこで、今回はオーディオコンポで高価査定が期待できるメーカーと相場をまとめました。オーディオコンポを売る前に、ぜひオーディコンポの相場などの情報についてチェックをしてみましょう。

オーディオコンポとは

null

オーディオコンポとは、一般的にはCDディスクを読み込ませ音楽を楽しむオーディオ類のことを指します。オーディオコンポは、約10年ほど前までは一般的に音楽を楽しむ上では必要不可欠なアイテムのひとつでしたが、最近はオーディオコンポは使わずに、スマホにつなげて音楽を楽しむ人が増えています。
しかし、オーディオコンポの中には高く売れるモデルもまだまだあります。今回は、高価査定が期待できるオーディオコンポのメーカーとオーディオコンポの相場をまとめてご紹介したいと思います。

高価買取が期待できるオーディオコンポのメーカーと相場情報

パナソニック(Panasonic)

総合電機メーカーのパナソニック。
家電量販店によく並んでいる製品といえばパナソニックということもあり、ポピュラーです。
定価が手ごろなモデルも多いものの、メーカー信頼度も高く相場査定してもらいやすいでしょう。
買取相場~5,000円

オンキヨー(ONKYO)

パイオニアブランドのオーディオ・ビジュアルメーカーとして知られるオンキヨー。新品モデルで購入するオーディオコンポの中では、こちらのメーカーが最もランキングで上位を占めている傾向が見られます。中古需要は高いメーカー、特に新しいモデルは高く売れるので早めに査定へ。

買取相場~15,000円

ソニー(SONY)

ハードウェア類の展開を行うのソニー。
家電量販店に並ぶ音楽機器の中では、定番のメーカーです。

ソニーといえばハイレゾ。ハイレゾ対応であればより高価査定が期待できるでしょう。
買取相場~15,000円

ボーズ(BOSE)

スピーカーを主とした音響機器を展開するボーズ。店舗が大きい家電量販店、専門店にも並ぶ高級オーディオメーカーといえばこちら。スピーカー中心ということもあり、コンポの展開は少ないので在庫が増えやすく相場は下がりがち。相場近くで売りたいなら早めの売却を考えていきましょう。
買取相場~30,000円

ジェイブイシー(JVC)

音楽機器関連の展開を行う、ジェイブイシー。新しいモデルに限らず古いモデルまでコンポの中では幅広く高価買取してもらえる相場の高いメーカーです。
Victor表記のもの、KENWOOD表記のものもこちらに含まれます。
買取相場~41,000円

オーディオコンポ買取におすすめの店

アートアンドビーツ

-
アートアンドビーツの口コミを見る

アートアンドビーツは福井や滋賀に店舗を持つ、音楽関連を中心にした中古店です。オーディオ製品であれば基本的にどんな種類のものでも査定可能。オーディオコンポであればダンボール箱に入るサイズも多いので、送料無料の宅配買取を利用すれば全国どこにお住まいでも買取可能です。メールやLINEにて見積もり査定可能。相場の価格が気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょう。

アシスト

-
アシストの口コミを見る

アシストはさまざまなジャンルに対応した中古店です。オーディオに関する買取ページを専門的に設けていることもあり、査定して相場を知っておきたい買取店のひとつ。BOSE、JBL、B&W、YAMAHA、LUXMANといった定番のメーカーのオーディオコンポは強化買取。発送ができないサイズのコンポは関東圏であれば出張買取可能。宅配買取は基本送料無料で利用可能です。

オーディオコンポを高く売るコツ

null

買取価格を比較して買取店を決める

見積もり査定額を出してもらうと、店によって価格が大きく異なることに驚くでしょう。事前に複数の買取店に見積もり査定額を問い合わせて比較しておくだけで、確実に高く売ることが可能です。見積もり査定額を出してもらう際は、コンポの型番、メーカー名、傷の有無、付属品の有無、ボディカラー、動作状況をはっきり伝えておくと、宅配買取を利用した場合でも実物査定をしてもらった時に減額なく見積もり査定時と同じ価格で買取してもらうことが可能です。今回ご紹介した買取店以外にも比較を検討している方は、ウリドキを活用しましょう。こちらのサイトではオーディオコンポ買取を実施する店の情報が、まとめて手に入ります。

→ウリドキへ

早めに買取してもらう

急ぎ

現段階では、まだオーディオコンポの需要はあります。今後どのようなオーディオ機器が発売されるようになるのか、音楽を聴く機器類に変化があるかはわかりません。買取を考えている方は、売れるうちに早めの決断を。

付属品も査定金額のプラスに

オーディオコンポを買取してもらう際は、本体だけでなく付属品も一緒に買取に出しましょう。箱を保存している方、説明書などの付属品をは少ないとは思いますが、。他にもコード類など、音楽を聴くにあたって必要である付属品は欠品していると大きな減額になる。もしくは店によっては買取不可となってしまうこともあるので付属品の有無は重要です。

周辺アイテムもまとめて売る

オーディオコンポを買取してもらったことにより、オーディオコンポ周辺のアイテムも不要になったという方はオーディオコンポと一緒に、まとめて買取してもらいましょう。CDがオーディオコンポと一緒に売れる店があれば、ヘッドホンや別売りで購入したコード類が一緒に売れる店もあります。特にオーディオコンポ以外にも、複数ジャンルを取り扱う店では、音楽に関連していなくとも全く異なる別ジャンルの製品も買取してもらえる可能性ありです。むしろ、別ジャンルが相場より高額査定になることもあるので、まとめ売りで相場を大きく超えるチャンスです。店舗が決まったら、他にどんなものが売れるかと相場はいくらくらいなのかということもホームページでしっかり下調べを行い、相場よりもプラス査定を狙いましょう。

オーディオコンポは早めに買取へ

スピーカー

一時期ポータブルプレーヤーを使用する人が増えていましたが、最近はスマートフォンで音楽も楽しむ人が増え、オーディオコンポを売りに出そうかと相場のことを考えていたりする人も多くいるはずです。コンポの需要は今はまだありますが、今後相場が、どうなるかはわかりません。売却を検討している方は、相場も参考に、売れる相場のうちに早めに売却をしてもらってください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。