体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

車内の汚れ、そのままにしていませんか? 実はそれ、一掃できるんです!【Let’s Go! 車界科見学】

カーセンサー(雑誌)で毎月連載されている「Let’s Go! 車界科見学」。車に乗っていれば日常的に起こることの中に、疑問には思うが、知らなくてもお店や誰かがやってくれることがある。その中で、知ればナットク! の情報をGetしに、車界のプロの仕事を見学しに行く企画。

▲今回は車内の汚れについて、プロにお話を聞いてきた

▲今回は車内の汚れについて、プロにお話を聞いてきた

飲料や食べ物で汚れた内装をキレイにするプロがいる

飲料や食べ物をこぼして、車のシートや内装にシミがついてしまった。特に小さな子共がいる方は、こんな経験一度はあるのではないだろうか。「後で掃除しなくちゃ」と気にしつつ、「また汚れるから」と結局放置してしまいがちだ。

しかし、汚れを放置してしまうと、見た目を悪くするだけでなく、ダニや雑菌の増殖を促す原因にもなる。だがプロの手にかかれば、そんな車内を一掃することができる。そこで今回は、車内クリーニングのプロに、落とせる汚れの種類や、作業にかかる費用・時間などを聞いてきた。また、自分でもできる簡易清掃についても教えてくれた。

▲今回お話をお伺いした、株式会社カービューティープロの高井雅弘さん

▲今回お話をお伺いした、株式会社カービューティープロの高井雅弘さん

Q.どんな汚れでもキレイになりますか?

汚れには飲料や食べ物によるシミや、手を触れた際についた手あかなど、様々なものが存在します。どんな汚れでも、専用の洗剤と機械を使用することでほぼ落とすことが可能です。しかし、染みついた汚れは、時間がたてばたつほど、繊維が染まり落としにくくなります。程度によっては完璧に落とすことができない場合もあります。

汚れを落とすことで、見た目がキレイになるだけではなく、臭いの除去や衛生面の改善にもつながります。(株式会社カービューティープロ・高井雅弘さん。以下高井さん)

▲シートにジュースをこぼしてできてしまったシミ

▲シートにジュースをこぼしてできてしまったシミ

▲クリーニングすることでキレイに落ちた。飲料の中で、特にコーヒーは繊維を染めやすいので、時間がたってしまうとよりシミが落ちにくくなる

▲クリーニングすることでキレイに落ちた。飲料の中で、特にコーヒーは繊維を染めやすいので、時間がたってしまうとよりシミが落ちにくくなる

Q.車内の臭いも取れるのですか?

内装の表面だけではなく、素材の内部まで洗浄しますので、消臭剤や芳香剤だけでは取れない臭いの元を除去することが可能です。飲料や食べ物はもちろん、ペットやタバコなどの臭いも取れます。

また、汚れた車内には、ダニや雑菌が存在します。これも根こそぎ取り除くことができるので、清潔な車内環境になります。ダニはアレルギーの原因にもなるので、小さなお子さまはもちろん、ご自身もより快適に車に乗ることができるようになるはずです。(高井さん)

▲内装の臭いはクリーニングすることで取れる。車内に漂っている臭いも、専用の機械で除去できる

▲内装の臭いはクリーニングすることで取れる。車内に漂っている臭いも、専用の機械で除去できる

Q.クリーニングにかかる費用と時間はどれくらいですか?

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。