ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

魚を鑑賞しながら食事! ノルウェー最南端におしゃれな海中レストラン建設へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
入り口を通り、降っていくとそこには魚が泳ぐ姿−。

ノルウェイ・オスロと米国・ニューヨークに拠点を置く国際的な建築・デザイン事務所Snøhetta(スノヘッタ)はこのほど、ノルウェー最南端の岸に海中レストランを建設すると発表した。

分厚いアクリル板を使った大きな”窓”から魚の泳ぐ姿を鑑賞しつつ、シェフによる洗練された食事を味わうという、非日常を演出してくれそうだ。

・巨大なクジラ?

レストランはその名も「Under」。建物は斜めになって、岸辺に入り口がある。遠目にみると、口をあけた巨大なクジラが水中から顔をのぞかせているようにもみえる。

入り口を通ると通路は下へと続く。まずあるのはシャンパン・バー。そこからさらに降るとレストランがある。

このレストランの目玉はなんといっても大きな窓。レストラン内外はやや暗めの照明が灯され、水中の魚を見ることができるように演出する。

・厚さ1メートルのコンクリート壁

レストラン部分の水深は約5メートル。当然のことながら、水中だと水圧がかかるため、建物は厚さ1メートルものコンクリートで覆われ、観賞用に設けられる窓に使用するアクリル板も十分な強度を確保するとのこと。

出入り口が地上にあるので、潜水艦のように完全に閉ざされた空間というわけではないが、それでも水中にいるというスリルを味わうには十分そうだ。

ちなみに、レストランでは地元でとれたシーフードを中心としたメニューを提供し、収容人員は80~100人。建設は2018年2月に始まり、開店は2019年3月を予定している。

Under/Snøhetta

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。