体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今年のハロウィントレンドランキング】日本のハロウィンをアメリカと比較!

【今年のハロウィントレンドランキング】日本のハロウィンをアメリカと比較!
いよいよ10月31日のハロウィンが近づいてきましたね。街ではハロウィンディプレイやハロウィンスイーツが目につくようになってきました。仮装の準備も万端! という人もいるかもしれませんね。

【今年のハロウィントレンドランキング】日本のハロウィンをアメリカと比較!
今回は、Google検索から見えてきた最近の日本のハロウィンのトレンドやアメリカとの比較など、「日本のハロウィン」像についてご紹介します!

日本における「ハロウィン」人気の高まり

【今年のハロウィントレンドランキング】日本のハロウィンをアメリカと比較!
日本のGoogle検索では、ハロウィンへの注目度が年々高まっていることがよくわかります。「ハロウィン」というキーワードの検索数は、ここ数年間Google検索、YouTube検索ともに右肩あがり。

面白いのは、Google検索とYouTube検索で検索ピークの日がずれていること。Google検索ではピークがハロウィン当日であるのに対し、YouTube検索でのピークはハロウィン翌日なのです。YouTubeでは、ハロウィンの日に起こった面白い出来事を確認したり反芻したりといったニーズが大きいのかもしれませんね。

ハロウィンのトレンドスポット六本木から渋谷へ!

【今年のハロウィントレンドランキング】日本のハロウィンをアメリカと比較!
(C)shutterstock.com

【今年のハロウィントレンドランキング】日本のハロウィンをアメリカと比較!
(C)shutterstock.com

ここ数年ニュースでも取り上げられているように、このところ渋谷は一気にハロウィンのメッカに成長しています。「ハロウィン 渋谷」というキーワード検索数も2015年から急激に増加。一方、2016年から急に減少しているのが「ハロウィン 六本木」というキーワード。かつては「ハロウィン」で大いに盛り上がった六本木ですが、その人気は渋谷に移ったようです。

では「ハロウィン」と一緒に検索される単語、日本とアメリカの検索トレンドにはどんな違いがあるのでしょうか?

人気キーワードはこれ!「ハロウィン」検索ランキング日米比較

【今年のハロウィントレンドランキング】日本のハロウィンをアメリカと比較!
(C)shutterstock.com

アメリカの第1位は、2年連続で「party city」。これはコスチューム専門店の名称だそう。なんといっても、「仮装」関連のキーワードが上位にランクインするのがアメリカの特徴です。

一方日本では、「仮装」関連の検索キーワードも上位にあるものの、アメリカでは見られない傾向として、 「ディズニー」、「USJ」、「音楽祭」などイベントに関連する検索が目立ちます(下の表の青色の部分)。日本のハロウィンでは、仮装を楽しむために特別なスポットに行く人も少なくないことがわかります。桜や紅葉を楽しむように、ハロウィンも「お出かけ」や「イベント」の機会としてとりこんでいくのが日本人の楽しみ方。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。