ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
台湾に強く惹かれるようになったのはいつごろからだろう?

学生の頃、バイト先のお姉さんたちが台湾にはまっていた。僕が台湾のどこが魅力的なのかと聞くとお姉さんたちはこう答えた。「親日的で日本語が通じるし、料理も醤油ベースが多くて日本人の口に合う」と・・・。

それを聞いた僕はこう思ったものだ。
「だったらずっと日本から出なけりゃいいのに・・・」
そんな僕が、今、無性に台湾に行きたい。行きたくて行きたくてうずうずしている。まるで胸の中で台風が渦巻いているようだ。

ちなみにこの台風の「台」は台湾のこと。中国の福建省あたりで台湾付近に発生する「台湾風」を台風、タイフーンと呼んだことから始まったらしい。まぁ、諸説あるようですが・・・。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
台湾に行ったなら、絶対に外せないのが「台北101」だ。地上101階建て、2007年にUAEのブルジュ・ハリファに抜かれるまでは世界一の高さを誇った超高層ビル。

子供の頃は公園のジャングルジムの頂上を定位置にし、大人になった今も酔っぱらえばついつい高いところによじ登ってしまう僕にとっては、必ず上らなくてはならないビルだ。昔から「馬鹿と煙は高いところに上りたがる」と言われるが、そんなことは気にしない。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
目指すは89階の屋内展望台と91階の屋外展望台。ホントだったら、101階を目指したいのだが、通常は解放されておらず、時折、パーティなどが開催されるらしい。

毎年5月には91階の展望台まで2046段を駆け上がるレースが開催されているらしいが、僕は遠慮したい。景色を楽しみたいのなら、エレベーターで上がれば十分だ。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
(C)Shutterstock.com

そして、何よりも楽しみなのが夜市。

正確に言えば、夜市で楽しめる台湾グルメです。「魯肉飯」「小籠包」「マンゴーかき氷」などなど、それぞれおいしい有名店もあるけれど、僕は夜市で安く、一気に楽しみたい。活気あふれる声が飛び交う中、地元の人に混ざって地元の食をいただくのだ。これに台湾ビールを合わせればもう何も言うことはない。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
(C)Shutterstock.com

台湾で最もポピュラーな台湾ビール。実は日本統治時代に日本人資本家が会社を興し、日本人技術者によって作られたそうなので、日本人の口にもよく合うという。

ちなみに最近人気の台湾ラーメンは名古屋生まれの日本で作られた食べ物。スパゲッティのナポリタンやコーヒーのアメリカンみたいなものだが、台湾ラーメンは台湾に逆輸入されている。その名も名古屋ラーメン。台湾でも結構人気らしい。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
(C)Shutterstock.com

台湾で市といえば、もう一つ。女性が喜びそうな「玉市」にも行ってみたい。

ヒスイや水晶などの宝石が所狭しと並べられていて、値段も安価なものから高価なものまで様々。選んだ石を使ってオリジナルのアクセサリーも作ってくれるというから、自分用にもお土産用にもぴったりだ。どの玉市も基本的には週末に開かれているそうなので、スケジュールをやりくりして、ぜひ足を運びたい。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
(C)Shutterstock.com

お土産を買うなら台湾で最も古く、最も大きな問屋街、迪化街に行くべきだろう。シルクなどを扱う布問屋にドライフルーツなどが揃う乾物屋、漢方、竹細工など、様々な商店がある。

台湾のお土産といえば、僕みたいな酒飲みにとってはやっぱり「からすみ」だ。薄くスライスしてそのまま食べてもよし、軽くあぶって食べてもよし、大根で挟んで食べてもよし、粉にしてパスタに振りかけてもよし、どんな食べ方をしてもイケてしまう。

そして、どんなお酒にも合う。高価なからすみも迪化街なら安く手に入れられるかもしれない。

女性が好きそうな場所ではあるが、台湾に行ったからには楽しみたいのがマッサージ、占い、漢方薬、そして茶芸だ。マッサージは激安店から高級店まで楽しめるがどんなお店に行くかは旅の予算と相談だ。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
その人に合わせて漢方薬を調合してくれる店にもぜひ行きたい。漢方医が脈拍と問診だけで体調を見極め、その人に合った処方箋を出し、漢方薬局でそれに合わせて漢方薬を調合してくれる。

占いに関しては日本にいても当たる占い師の情報は手に入れられる。中には手相を見ただけでその人が住んでいる家の間取りがわかるという占い師もいる。当たるも八卦。当たらぬも八卦。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
そして、茶芸館も色々だ。伝統的な茶芸館もあれば、おしゃれなカフェのような茶芸館もある。どうせ行くなら、時間をゆっくり使って目の前でしっかりと茶芸を見せてくれるお店がいい。

できるなら数種類のお茶を味わいたい。時間をかけて煎れたお茶をじっくりと味わいながら、お店の人と他愛のない話を楽しむのも贅沢な時間だ。

【妄想台湾】往復7600円!台湾グルメを夜市で安く、一気に楽しみたい。
(写真はイメージです)

宿泊先は『日勝生加賀屋』。

プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で何十年も1位に君臨した和倉温泉にあるあの加賀屋が台湾に開いた、和風の温泉旅館だ。が、本家に泊まったことがないままに、行ってしまっていいものかどうか・・・。

それにしても、台湾に行っているのに和風旅館に泊まりたいなんて、あの頃の自分に「だったら日本から出るな」と言われそうだ。ここまで書いて国立故宮博物館に行くのを忘れていた。が、それはまた今度。

こうしてみてみると、台湾には面と向かって人と接する楽しみが多い。市、マッサージ、占い、漢方薬、茶芸などなど。リラクゼーションとおいしいもの。それに合わせて楽しめる親日的な優しい人柄。日本からのフライト時間も短いし、癒されに行くには最高の場所なのかもしれない。

そんな台湾旅行。いったいいくらで行けるのか?

大手旅行会社では平均、4~5万円くらい。もちろんかなり魅力的な値段だ。だがやっぱり安いに越したことはない。過去には東京ではない地方発だけれど2泊3日のホテル代込み1万2,100円というツアーも発見したのだが、現在はもう見つけられなかった。往復6,000円というLCCの航空券が売られていたこともある。これなら、ホテルくらいは贅沢できるか?

東京(羽田)-台北(桃園)0泊弾丸キャンペーンで往復7,600円なら現在もLCCピーチで航空券が発売されている。安い情報があったら教えてください!

※価格は2017年10月23日時点の情報をもとにしております。ご了承ください。
※ここに書いてあることは信頼ある情報元から調べたつもりですが、もし間違っていたら教えてください。すぐになおしてより完璧な妄想にしたいと思っております。

[Peach 0泊弾丸キャンペーン]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。