ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Tyler, The Creator、来日公演は狂喜乱舞の連続

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2017年夏、4枚目となるソロアルバム『Flower Boy』をリリースしたばかりのTyler, the Creatorによる、約2年ぶりのソロ公演。今回の来日中、たった一晩だけのプレミアムなライヴということで、会場となった恵比寿LIQIUDROOMには二十代を中心した熱狂的なファンが集まり、開演前から異様な熱気に包まれていた。そして、TylerのバックDJでもあるDJ Tacoによる、LAのストリートスタイルな前座のDJプレイによって、さらにフロアの熱気はさらに高まっていく。
10月20日@恵比寿リキッドルーム (okmusic UP's)

予定時間を少し過ぎた頃、サイドMCであるJasper Dophinを伴って、Tylerがついにステージに登場。アルバム『Flower Boy』のジャケットを再現したかのような巨大なヒマワリをバックに、Tylerは自らの武器であるその“声”の最大限に使って、巧みにオーディエンスをコントロールする。前作『Cherry Bomb』や前々作『Wolf』からのヒット曲も挟みながら、やはり軸となっていたのは最新作『Flower Boy』で、「Boredom」、「911」、さらにTylerのクルーがアグレッシブなダイブをかました「Who Dat Boy」など、緩急付けながらステージは展開していく。しかし、驚いたのは集まった観客の盛り上がりの凄さだ。比較的、外国人客が多かったとはいえ、ヒップホップのライブであれだけオーディエンスが歌詞を唄っているライブを観たのは、少なくとも日本では初めての経験だ。

ラストは「See You Again」で締めくくり、1時間弱のステージは終わった。しかし、それが決して短かったとは思えないくらい、会場を訪れた誰もが十分すぎるほどの満足感を得られたであろう、まさにプレミアムな夜となった。

Text by 大前 至

Live photo by Masanori Naruse
アルバム『フラワー・ボーイ』
発売中

SICP-5610/¥2,200+税

※歌詞・対訳・解説付き

※初回仕様限定『GOLF』特典ステッカー封入

<収録曲>

1.フォワード feat. レックス・オレンジ・カウンティ

2.ホウェア・ディス・フラワー・ブルームス feat. フランク・オーシャン

3.サムタイムズ…

4.シー・ユー・アゲイン feat. カリ・ウチス

5.フー・ダット・ボーイ feat. エイサップ・ロッキー

6.ポットホール feat. ジェイデン・スミス

7.ガーデン・シェッド feat. エステル

8.ボアダム feat. レックス・オレンジ・カウンティ & アンナ・オブ・ザ・ノース

9.アイ・エイント・ガット・タイム!

10.911/Mr.ロンリー feat. フランク・オーシャン & スティーヴ・レイシー

11.ドロッピン・シーズ feat. リル・ウェイン

12.ノベンバー

13.グリッター

14.エンジョイ・ライト・ナウ、トゥデイ

■iTunes購入リンク

https://itunes.apple.com/jp/album/flower-boy/id1254572564?app=itunes
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。