ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ご近所調査[3] 住んでいるマンション・アパート内で住人トラブルがあった人は10人に1人!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ご近所調査[3] 住んでいるマンション・アパート内で住人トラブルがあった人は10人に1人!

テレビのニュースなどでよく話題になる「近隣トラブル」。マンションやアパートなど、他の住人と顔を合わせる機会の多い集合住宅に住むなら、ちょっとした言動でもめ事に発展するのは避けたいものです。今回は、実際に苦情を言われたり、住人同士のトラブルの経験をしたことがある人はいるのか調査しました。

「苦情を言われたことはない」が9割以上。言われたことのある苦情内容は「音」が多い結果に

同じマンション・アパートの住人から苦情を言われたことがあるかどうかですが、「直接本人から言われたことがある」は5.8%、「間接的に言われたことがある」は4.0%。非常識だなと思っていても、相手に伝えるかというとそうでもないようで、「特にない」が90.3%で圧倒的に多い結果となりました。前回の調査で、「非常識な住人がいる」と回答した人が4割以上いたことを考えると、「非常識だなと感じていても、苦情までは言わない」という人が実際には多いのかもしれません。【画像1】「特にない」が9割以上を占め、実際に苦情を言われる人はほとんどいないよう(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】「特にない」が9割以上を占め、実際に苦情を言われる人はほとんどいないよう(出典/SUUMOジャーナル編集部)

少数派ですが、言われた苦情の内容に関しては以下のようなものがありました。

・子どもの声や、足音に気を付けてほしい(直接本人から言われたことがある:46歳・男性)

・たばこのベランダの灰(直接本人から言われたことがある:45歳・男性)

・玄関前に植木鉢を置いていた(管理会社や知人を通すなど、間接的に言われたことがある:44歳・男性)

・子どもを叱る声が大きすぎて騒音だと言われた(直接本人から言われたことがある:44歳・男性)

・燃えるゴミを1袋、体調が悪くて捨てに行けなくて、1週間置いていたら、真夏だったため異臭だと言われた(管理会社や知人を通すなど、間接的に言われたことがある:48歳・女性)

・下の階の方から、子どものドタバタがうるさいと言われた(直接本人から言われたことがある:45歳・女性)

全体として、子どもの声や足音、掃除機の音など、音に関する苦情が多いようです。子どもがいる家庭にとっては耳が痛い結果となりました。

トラブルに巻き込まれたら引越しを検討が4割強も

次に、現在住んでいるマンション・アパートで、住人同士のもめ事が起こったことがあるかどうかについては、「起こったことがある」が10.8%、「起こったことはない」が59.0%、「分からない」が30.3%でした。苦情やトラブルが起こる割合は1割程度で、我慢できなくなった結果、もめ事に発展しているようです。【画像2】当事者になった人も含めて、住んでいるマンション・アパートでもめ事があったのは10人に1人の割合ということが分かる(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】当事者になった人も含めて、住んでいるマンション・アパートでもめ事があったのは10人に1人の割合ということが分かる(出典/SUUMOジャーナル編集部)

もめ事の内容としては、

・路上駐車(44歳・男性)

・駐車場の、無断駐車(49歳・女性)

・たばこのにおいとネコのにおい(44歳・女性)

・空き缶を他人の部屋の前に置く(43歳・女性)

・犬の鳴き声がうるさいと自治会を通して苦情を訴えている人がいた(43歳・女性)

などがありました。

また、もしも近隣トラブルに巻き込まれたら、引越すことを検討するかどうかに関しては、「検討する」と回答したなかで賃貸物件に住む人は54.5%なのに対し、持ち家に住む人はわずか18.4%。「検討しない」では、賃貸は11.4%に対して持ち家は34.6%。持ち家の場合すぐに引越すことは難しく、多少のトラブルでは引越しまでは検討しない(またはできない)人が多いようです。【画像3】「分からない」という人は全体4割弱。トラブルの内容によっては検討するということか?(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】「分からない」という人は全体4割弱。トラブルの内容によっては検討するということか?(出典/SUUMOジャーナル編集部)

では、近隣トラブルに巻き込まれないようにするために、日ごろから何か気を付けていることはあるのでしょうか。

全体の6割を占めた1位は「普段から挨拶を心がけている」で、日ごろから挨拶をきちんとしてコミュニケーションをとっていれば、多少のことではトラブルに発展しないと考える人が多いようです。

2位は「共用部の使い方には気を使っている」44.0%、3位は「子どもが迷惑をかけないよう気を使っている」30.0%でした。3位の「子どもが迷惑をかけないよう気を使っている」に関しては、子どもがいる家庭では6割が回答していて、特に気を付けている様子が伺えます。【画像4】挨拶や共用部の使い方など、小さなことから気をつけている様子(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】挨拶や共用部の使い方など、小さなことから気をつけている様子(出典/SUUMOジャーナル編集部)

一度起こると後々まで尾を引きそうな近隣トラブル。トラブルを回避して、快適な生活を送るためには、「挨拶」や「共用部の使い方」、「子どもが迷惑をかけないよう気をつける」など、日々の生活のなかで周囲への気遣いを積み重ねることが大事なようです。

特に挨拶をして顔見知りになっておけば、何かあったときにスムーズに会話ができ、多少のことなら大目に見てもらえるかもしれません。子どもがいる家庭であれば、挨拶のついでに「小さな子どもがいるのでご迷惑をおかけするかもしれません。何かあれば遠慮なくおっしゃってください」などをひと言添えるのもいいでしょう。

トラブル回避には挨拶、そして周囲を不快にさせないマナーが重要。普段の少しの気遣いで、住まいの中も外も快適に過ごせるようにしたいものですね。●調査概要

・[ご近所付き合いに関するアンケート]より

・調査期間 2017年9月20日~21日

・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)

・対象:全国の集合住宅にお住まいの20~49歳の既婚者

・有効回答数:男女400名(子どもがいない男性100名、子どもがいない女性100名、中学生以下の子どもがいる男性100名、中学生以下の子どもがいる女性100名)●関連記事

・ご近所調査[1] マンション・アパートのご近所付き合い、賃貸と持ち家でどう違う?

・ご近所調査[2] あなたは大丈夫?マンション・アパートで非常識だと思われるのはこんな行動

・ご近所調査[3] 住んでいるマンション・アパート内で住人トラブルがあった人は10人に1人!
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/10/143267_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

解体工事で隣人とトラブル。賠償責任は誰にある?
ご近所調査[1] マンション・アパートのご近所付き合い、賃貸と持ち家でどう違う?
ご近所調査[2] あなたは大丈夫?マンション・アパートで非常識だと思われるのはこんな行動

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。