ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

GLIM SPANKY、松坂桃李主演映画『不能犯』主題歌を書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

GLIM SPANKYが、俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題のスリラーエンターテインメント映画『不能犯』の主題歌を担当することが決定した。
GLIM SPANKY (okmusic UP's)

今回の主題歌は、ハスキーで圧倒的唯一無二な松尾レミの歌声に聴き惚れた白石監督のオファーにより、実現されたもの。白石監督は「松尾レミさんのしゃがれた歌声から感じるのは、ダルさと情熱、諦念と希望などの、陰と陽がひしめき合う魅力です。それはまさに絶望と希望の狭間で翻弄する映画『不能犯』が求める歌声でした。これ以上ない主題歌がビシッとハマり、映画のラストを優しい鋭さで観客へと突きつけます。最高です」とコメント。松尾は「人間の生々しさが渦巻く映画にどんな楽曲を書けばいいか、この映画とGLIM SPANKYをどうやってリンクさせるか色々と考えるのが楽しかったです。映画にピッタリの楽曲ができたと思います。お楽しみに!」とし、亀本寛貴は「映像や原作を拝見させていただいて楽曲を書き下ろさせていただきました。『不能犯』にピッタリのインパクト大な衝撃的な一曲になったと思います!」とコメントしている。

主題歌「愚か者たち」は書き下ろしで、映画を見る者へ“生き方の決断”を常に煽り立てる、気迫に満ちた楽曲となっている。映画『不能犯』の本予告映像が公開となっているので、ぜひチェックしてみてほしい。
映画『不能犯』本予告映像

https://youtu.be/ZExeKBx0HnI映画『不能犯』

2018年2月01日(木)公開、全国ロードショー

出演:松坂桃李/沢尻エリカ/新田真剣佑/間宮祥太朗/テット・ワダ/菅谷哲也/岡崎紗絵/真野恵里菜/忍成修吾

/水上剣星/水上京香/今野浩喜/堀田茜/芦名星/矢田亜希子/安田顕/小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)

監督:白石晃士

脚本:山岡潤平、白石晃士

配給:ショウゲート

(c)宮月新・神崎裕也/集英社 2018『不能犯』製作委員会          
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。