ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

三ツ星レストランの料理長がおすすめする料理映画は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

三ツ星レストランの料理長がおすすめする料理映画は?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。10月23日(月)から4日間は、三ツ星レストラン「ジャン・ジョルジュ 東京」の料理長、米澤文雄さんが「見れば食事が美味しくなる」をテーマに、とっておきの映像作品をセレクト! 初日のオンエアでは映画「幸せのレシピ」を紹介しました。

料理に関する映画は観たくなるという米澤さん。「この作品は女性シェフが主人公で、真面目に真剣に料理をしてきた主人公と、陽気で『料理って楽しいんだよ』という考えの男性シェフが、うまい具合に交わる物語です。僕は途中から出てくる、このかなり陽気なイタリア人の彼に近いと思うんですけど(笑)」と、ご自身を登場人物に当てはめていました。

「とはいえ、レストランでシェフをやっていくのは大変。この映画の主人公は、突然、親を亡くした姪っ子を預かることになるんです。でも、シェフもやらないといけない…僕も子どもが二人いるんですけど、子育てをしながらシェフをするのは、相当難しいと思います」(米澤さん)

映画ではそういった状況を非常にリアルに表現していて、イタリア人の陽気な男性シェフとのやりとりや、お互いの助けもありつつ、良いレストランに育てていくという過程に共感したそうです。

特に心に残ったシーンについてお聞きすると「女性シェフが一度レストランを離れたときに、男性シェフがキッチンに入ってスピーカーで音楽をガンガン流し、みんなで仕込みをしている場面があるんですけど、彼女は、自分とはかなり違うところにイラっとしているのを、自分と重ねながら観てしまいました。『どちらが良い』とか『悪い』とか、ということはないんですけどね」とのことでした。

劇中に登場する料理はどれもクオリティが高く、超一流のレストランで出てくるような料理です。さらに、女性シェフ役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズについても、米澤さんから見ても「本物のシェフじゃないの?」と思ってしまうような演技力で、「料理をしている姿や盛り付けをしている場面なども非常にクオリティが高い」と絶賛していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。