体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パリジェンヌが殺到。おもてなし感じる最先端ショップに行ってみた

いま、パリを訪れたら必ず行きたいショップが「L’Appartement Sezane(ラパルトモン セザンヌ)」。

ルーヴル美術館など観光名所の多い1区の北側。少しローカルな雰囲気ながら最近はシックなお店が増え、注目を集めるパリ2区にオープンした、パリジェンヌに大人気のブランド「Sezane(セザンヌ)」の実店舗です。

eショップからスタート。パリジェンヌの普段着がそろう

20171024_sezane01.jpg

デザイナーはブルネットのアラサー女性、Morgane Sezalory(モルガン・セザロリー)。ブランドネームは彼女の姓と名を省略し、つなげたのだそう。

彼女は、2008年からヴィンテージのスタイリングをブログで発信して話題を呼び、2013年にセザンヌをオンラインでスタート。

デザインを本格的に学んだ経験はないものの、センスの良さを存分に生かしながらトレンドをほどよく取り入れたデザインや、手の届きやすい価格帯で人気ブランドとなりました。

パリのアパルトマンでゆったりショッピング体験

20171024_sezane02.jpg

実店舗であるセザンヌは、パリらしいサロンになっており、扱うのはブランドのフルラインのほか、文房具、ポストカード、コスメやキャンドルといった雑貨など多岐に渡ります。

20171024_sezane03.jpg

ライフスタイルショップといった感覚で訪れても。

20171024_sezane04.jpg

eショップをベースとしてスタートしたブランドですが、もちろん店舗ではすべてがその場で購入可能。パリのアパルトマンのような素敵な空間で試着したり、インスタの写真を撮ることも問題無し、のゆったりとした雰囲気です。

ショップにはこんなフォトブースも。

20171024_sezane05.jpg

好きな文字を刺繍してくれるサービスも人気。

20171024_sezane06.jpg

セザンヌは好きだけどオンラインショッピングには抵抗がある…という人も、商品に実際に触れることができるこのショップなら不安なく買い物ができます。

とくに私のように優柔不断な人は、eショップで欲しいアイテムをチェックしておいてから、店舗で試着して確認するのも合理的。気分的にも余裕が持てます。

20171024_sezane08.jpg
1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。