ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

SOS!猫の尿がキラキラしていませんか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ウィズキャット専属動物看護士の林ゆみです♪

いきなりですが…。
あなたのおうちの猫ちゃんのオシッコ、キラキラと光っていませんか?

もしキラキラと光っていた場合、動物病院で尿検査をしてもらうことをおすすめします。なぜならキラキラとしたオシッコをする猫ちゃんは、尿結石の病気かもしれないからです。

尿結石とは?

猫ちゃんは泌尿器系の病気にかかりやすい動物です。猫ちゃんの病気の半分は泌尿器系の病気であると言われているほどです。

尿結石は、そんな泌尿器系の病気の「膀胱~尿道の出口」の病気の総称である猫下部尿路疾患(FLUTD)の一つ。オシッコの中に結晶ができ、さらに結晶が固まってしまうと尿結石となります。尿結石ができてしまうと膀胱炎を引き起こしたり、オシッコが出にくくなったり、完全にオシッコが出なくなってしまい尿毒症になり命に関わることもあります。

猫ちゃんのオシッコをチェックするときのポイント

猫ちゃんのトイレ掃除をするとき、猫ちゃんのオシッコを太陽光に照らしてみましょう。夜の場合は明るい場所で行い、しっかりと部屋の明かりに照らしてみましょう。

小さな小さなガラスの破片が光を反射して光るような、小さなラメのようなキラキラがあった場合、このキラキラはおしっこに混じって出てきた結晶の可能性があります。かかりつけの動物病院に相談し、尿検査をすることをおすすめします。

この方法は、液体の状態でなくてもよく照らせば見えることもあります。例えばシステムトイレのオシッコを吸ったペットシーツや猫砂の固まりを光で照らすだけで、このキラキラが見えることも。

「おしっこがキラキラしていない!」場合は安心♪ではない!

今回ご紹介したチェック方法ですと、おしっこはキラキラしていない方がいい!ということになるのですが、「オシッコがキラキラしていない=尿結石の病気ではない」というわけではありません。

結晶はとても小さく、基本的には肉眼で分かる大きさではありません。結晶や結石ができていても、必ずキラキラと光るわけではないのです。あくまで、いつものトイレ掃除にプラスできる健康チェックの一つとして取り入れていただき、早期発見の一助になればと思います。

まとめ

猫ちゃんのオシッコのキラキラ。このSOSのサインを見逃さないであげれば、病気の早期発見・早期治療につながります。今日からぜひ、トイレ掃除の際はオシッコを光にあててキラキラしていないか、チェックしてあげてくださいね。

 

著者:ウィズキャット林 ゆみ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。