体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「AFC High School Contest」最終審査に進んだ3名を発表

ファッションを専門に学ぶ学生や若手デザイナーに、NY でのコレクション発表・全国のセレクトショップでのブランドデビューなど、様々な側面でその発掘とインキュベートに力を入れているAsia Fashion Collection。
その次のステップとして、次世代ファッション人材の発掘と育成にフォーカスした、高校生限定のコンテストAFC High School Contestが今年初めて開催された。

「2018年あなたが着たいオリジナルスタイリング」をテーマに、スタイル画とエントリーシートを募集。その中から選ばれた20名は、2次審査へ。インスタグラムへの投稿のいいね数がそのまま審査へ反映されるという斬新なSNS審査だ。今回はその2次審査を通過し、2月に行われる最終審査に進む3名がAFC内で表彰された。

審査員は、BABY METAL、Kalafina等プロモーションビデオやCDジャケットなどの衣装を手掛けるスタイリスト伊達めぐみさん、バンタンデザイン研究所卒業後、現在は雑誌「Popteen」、藤田ニコル、みちょぱ(池田美優)などのスタイリストとして活躍している四本優子さんが務めた。


伊達めぐみさん


四本優子さん
 

数ある応募の中から、最終審査へと駒を進めたのは、この3作品。

世田谷総合高等学校 徳山くららさん
「テーマが“あなたが着たいオリジナルスタイリング”だったので、自分が憧れている女性を思い描いて描きました。ガツガツ頑張るけれど、自分らしさも忘れていないイメージで作りました」

星槎国際高等学校 細矢さくらさん
「性別の垣根をなくすということが主流になってきている今のファッションを表現したく、女性がふんどしをはくスタイルを提案しました。性別の垣根や違いをなくそうと動きがもっとあってもいいんじゃないかなと思っています」

北海道芸術高等学校 落合梨紗さん
「私自身いろいろなテイストの服を着るので、とても迷いました。でも、甘辛ミックスとか、ちょっとピリッとしたアイテムが入っているスタイルが好きなので、トレンドもミックスして、気の強い女の子をイメージして作りました」


 

お仕事柄、普段はリアルな着こなしやトレンドの取り入れ方に触れる機会が多いという四本さんは、「今回はデザイン画を通して、独創的なアイデアやファッションの可能性にたくさん触れられて、純粋にとっても楽しかったです。最終審査頑張ってください!」とエールを寄せた。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。