体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これが紅茶!? シャンパン感覚で飲める『キリン午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』は本日発売!

 

ハロウィンやクリスマス、年末年始などイベント満載の秋冬シーズン到来! 10月24日より新発売のキリン『午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』は、 楽しいパーティー気分をさらに盛り上げてくれる華やかな炭酸飲料だ。

パーティーの盛り上げ役!『キリン午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』新発売!

キリンビバレッジ『午後の紅茶』(通称・午後ティー)といえば誰もが知っている紅茶界の女王さま。1986年に日本初のペットボトル入り紅茶として発売して以降、30年以上も愛され続けているロングセラーブランドだ。

 

午後ティーには定番のストレート、ミルク、レモン以外にも様々なフレーバーが存在し、そのバリエーションの豊富さも午後ティーの魅力のひとつ。午後ティーは「炭酸×紅茶」をはじめとするこれまでになかった新感覚フレーバーを数々生み出しているほか、5年前からは「甘くない紅茶ブーム」の火付け役としても飛躍し、現在も新フレーバーをハイペースで世に送り出している。

そんな午後ティーシリーズからこの秋登場したのがこちらの『午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』(500ml・希望小売価格 税抜140円・2017年10月24日発売)! 芳醇な赤リンゴと爽やかな青リンゴの香りがダブルで味わえる、「アップルティーソーダ」という何ともオシャレなフレーバーだ。やっと秋らしい空気が漂い始めた10月下旬、ハロウィンパーティーの準備を急いでいる人も多いはず。新発売の『午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』がパーティーを盛り上げてくれるドリンクかどうか、いち早くチェックしておこう!

午後ティーといえば、時折発売される「ディズニーパッケージ」のペットボトルのかわいさでパケ買いしたという話をよく耳にする。こちらの『キリン午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』はその最新作で、今の時期にぴったりのパーティ仕様で登場! ディズニーキャラクターと組み合わせて遊べるアルファベットデザインは全4種類ある。午後ティーは落ち着いたパッケージが多いので、この華やかでにぎやかなパッケージは斬新だ。

中身はというと、「え、これが紅茶?」とびっくりするほど紅茶っぽくない。見た目には”炭酸のりんごジュース”という方がふさわしく、まるでシャンパンのようだ。

キャップを開けると、赤リンゴらしい甘い香りと青リンゴらしい爽やかな香りに気分がパッと華やぐ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。