ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

スマホなら10回フル充電! モバイルバッテリー「Saber」はUSB-C、USB、ACケーブル対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
出先でパソコンもスマホもDSLRカメラも充電したい。そんな人にオススメのモバイルバッテリーが登場した。2万3000mAhもの容量を持つ「Saber」。

USB-C、USB、ACケーブルが直接差し込める便利さを併せ持つ。このほどサイトでプレオーダーが始まり、今なら特別価格199ドル(約2万3000円)となっている。

・懐中電灯のよう

巷ではコンパクトなモバイルバッテリーが数多く出回っているが、それらはスマホバッテリーがピンチになったときの一時しのぎが目的。

一方、Saberはより本格派だ。容量2万3000mAhとたっぷりなだけに若干大きめだが、それでも十分ポータブルサイズとなっている。

デザインは細長い長方体で、サイズは59.9ミリメートル四方、長さ266.7ミリメートル。重さは約1キロあり、懐中電灯のような外観だ。

・ガジェット2台同時充電も

Saberは多くのガジェット類を充電するという前提でつくられていて、USB-C、USB、ACケーブルに対応している。MacBook Pro 15インチだって充電可能だ。また、USBポートは2つ用意され、スマホとデジカメを同時に充電、というのもあり。

開発元サイトによると、スマホなら10回、タブレット端末は2~4回、ラップトップPCだと1~2回フル充電できる。

・残量をアプリでチェック

Saberそのものの充電には約2時間かかる。ちなみに、Saberには専用のアプリがあり、スマホとBluetoothで連携。バッテリーの残量や、フル充電までにあとどれくらい時間がかかるかなどをリアルタイムにチェックできる。

予定小売価格は299ドル(約3万4000円)。しかし現在のプレオーダー価格は199ドル。年内に発送が始まる見込みだ。

Saber

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。