体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【批評】吉祥寺にオープンした映画館ココマルシアターに行ってみた結果 / 適当で素人すぎる仕事に唖然 / しかし希望もある

cocomaru-theater9

2017年10月21日にオープンした、「ココマルシアター」(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-15)。本来は2017年4月にオープン予定だったが、度重なるトラブルにより、8回ほどオープン延期を繰り返し、ようやくグランドオープンしたというわけだ。

・オープンしたことは嬉しいこと
もともとクラウドファンディングで資金を募って計画された映画館のため、度重なるオープン延期に出資者が激怒。今現在も、インターネット上で多くの怒りと失望の声があがり続けている。だがしかし、オープンしたことは嬉しいことだし、デキの良い映画館ならば映画ファンとして歓迎したいところ。

・良いものは良いと言うべき
そこで今回、あくまで中立な立場として「良い映画館かどうか」を確かめに行ってみた。インターネット上ではバッシングの嵐となっているが、良いものは良いと言うべきだし、そこは公正に判断したい。

cocomaru-theater6
cocomaru-theater5
cocomaru-theater7

・2階で料理を食べながら映画鑑賞
店内に入ると、スタッフが3人ほどカウンターに集まっていた。この映画館は1階と2階に劇場があり、2階ではハンバーガーを食べながら映画鑑賞できる。今回は極旨てづくりバーガー(360円)、フライドポテト(150円)、烏龍茶(250円)を購入。映画は2階で上映されている「珈琲哲学」(インドネシア映画 / 900円)を観ることにした。料理ができたら運んでくれるらしいので、先に2階の座席へと向かう。

・もっとリラックスして接客して良い
スタッフは不慣れな感じだったが、初々しさもあって不快ではなかった。ただ非常に気になった点がひとつ。スタッフは笑顔で接客していたが、何かに怯えるような、若干、引きつった笑顔だったのが気になった。そう、まるで何かに疑心暗鬼になっているかのような感じだ。何が彼女たちをそうさせているのかわからないが、客は敵ではないのだし、もっとリラックスして接客して良いのではないだろうか。

1 2 3次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会