体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DADARAY、川谷絵音作詞作曲の「少しでいいから殴らせて」MV公開

エンタメ

ゲスの極み乙女。のメンバーである休日課長(Ba)と、ゲスの極み乙女。やindigo la Endのライブとレコーディングでサポートを務め、katyusha名義でも活動しているえつこ(Key)、REIS(Vo)の3人組ユニット・DADARAYが12月6日にリリースするアルバム『DADASTATION』のジャケット写真、及びアルバム収録曲の「少しでいいから殴らせて」のMVを公開した。
DADARAY (okmusic UP's)

フォトグラファーにオノツトムを迎えて撮影されたアルバム『DADASTATION』のジャケット写真はREISの凛とした表情が印象に残る、POPでありながら可憐なデザイン。同作1曲目に収録の「少しでいいから殴らせて」は作詞作曲を川谷絵音(ゲスの極み乙女。/indigo la End)が手掛け、MVはゲスの極み乙女。「勝手な青春劇」のMVも担当した柿本ケンサクが監督を務めており、Instagramを思わせる正方形の画角の中《少しでいいから殴らせて》というインパクトのある歌から始まる。ジャケット写真のアートワークとも通ずるカラフルな世界観のもと、メンバー3人とサポートメンバーであるindigo la Endの長田カーティス、佐藤栄太郎の演奏が収められている個性的な仕上がりになっている。また、REISとえつこが休日課長をビンタするシーンにも注目だ。

DADARAYは11月からは東名阪でインストアイベントも予定しているので、こちらも是非チェックしてほしい。
【川谷絵音 コメント】

「(「少しでいいから殴らせて」について)殴っても、その後仲直りすればいいさ。自分勝手だけどみんなそんなもん。サウンドは浮遊感もありつつサビは80年代の歌謡曲をイメージしました。しかしMVは正方形でインスタ仕様とかなり今っぽい雰囲気です。このギャップを楽しんでください。」
「少しでいいから殴らせて」MV

https://youtu.be/j98-yxQe-lcアルバム『DADASTATION』
2017年12月6日発売

WPCL-12807/¥3,000+税

<収録曲>

1.少しでいいから殴らせて

2.場末

3.大人やらせてよ (DADA ver.)

4.美しい仕打ち

5.誰かがキスをした

6.ダダステーション

7.トモダチ

8.WOMAN WOMAN

9.僕らのマイノリティ

10.For Lady (Remix by YYIOY)

11.イキツクシ

12.東京Σ

13.優しく鬼に
【『DADASTATION』発売記念インストアライブ】
11月12日(日) 大阪・HMVグランフロント大阪店 店内イベントスペース

11月24日(金) 愛知・HMV栄店 店内イベントスペース

12月01日(金) 東京・HMVエソラ池袋店 店内イベントスペース

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会